住宅情報館 注文住宅

MENU

注文住宅を住宅情報館で建てると檜が香る家になる

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
住宅情報館の注文住宅の特長を調べてみると

住宅情報館の注文住宅の特長を調べてみると、特筆すべき点として厳選された檜を使っているということがわかりました。

 

法隆寺にも檜は存分に使われていることからその強度が証明されていることを指摘し、実験等でも耐久性があることを示しています。

 

私が驚いたのは、檜は伐採後徐々に強度が増していくという点でした。

 

反対に、木も生きているので伐採してしまったらそこから徐々に強度は下がっていくイメージだったのですが、そのイメージが覆りました。

 

だから、住宅情報館を選ぶのであれば檜が香る注文住宅を作ることができます。

 

家の柱だけで留めるのはもったいないので、私ならあえて見せる梁を付けて木のぬくもりを肌で感じたいです。

 

そのためには吹き抜けにした方がおしゃれでしょうか。

 

自由設計なので余計に想像は膨らみます。

 

住宅情報館の注文住宅の坪単価は商品によって微妙に違う

注文住宅と言えど、それぞれの特色によって商品という形で種類を分けているのが住宅情報館です。

 

よって坪単価はそれぞれの商品によって微妙に異なり、あすかシリーズの坪単価は43~50万円ほどですが、QUAD ROOFシリーズは45~65万円という設定になっていました。

 

最低価格はどちらのシリーズもそこまで変わらないので、この幅はオプションによって変わりそうです。

 

実際、住宅情報館で家を建てた人の意見を見てみると、オプションだけで100万円を超えてしまったという声や、大々的なオプションのせいで当初予想していた坪単価を大幅に超えてしまったという声が見受けられました。

 

これらの情報を鑑みると、QUAD ROOFシリーズの最大の坪単価である65万円を覚悟しておく方が良いようにも思いました。

 

できることなら値下げ交渉をして成功させたいですね。

 

良い評判も悪い評判もチェック!住宅情報館の口コミ

住宅情報館で注文住宅を作ったという人の口コミをチェックしてみると、良いものも悪いものもあるので参考にしたい情報がたくさんあります。

 

良い評判としては、標準装備だけでもまずまず暮らせそうなレベルだということが挙がっていました。

 

贅沢をしなければそこまで追加料金は高くならないよというありがたい情報も!

 

しかし、悪い評判にはオプション費が高いというものがたくさんありました。

 

良い評判でのアドバイスのようにオプションを減らして贅沢をしなければ良いのでしょうけれど、一生に一度の買い物なら背伸びもしてみたくもなりますし、それにしてはちょっと高いと思ってしまうかもしれません。

 

これらの情報から、住宅情報館で家を建てる際には安く作ろうと思えば作れるけれど、オプションが高いから欲張りすぎには要注意、ということがわかりました。

 

住宅情報館に対する私の感想!こんな家なら欲しいな

注文住宅を建てるなら、どのハウスメーカーでもそこが得意とするものを取り入れ、苦手とするものは避けたいと思っています。

 

短距離走選手に長距離走を走ってもらうのではパフォーマンスが違います。

 

その人が得意とする種目で勝負してもらわないと。

 

私がもし住宅情報館で家を建てるのであれば、檜をたくさん使った家を作りたいなと思いました。

 

公式サイトを見た私の感想としては、他と違う「推し」が檜だと感じたのです。

 

耐久性の高さや高断熱などはどこのハウスメーカーでも推します。

 

しかし、檜をプッシュして宣伝しているのは住宅情報館の個性に見えました。

 

そこまでこだわるのであれば、その知識も技術も他のハウスメーカーより優れているはずです。

 

そして自由設計を活かし、私のライフスタイルに合わせた間取りを作りたいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事