浩英建設 間取り ポイント

MENU

押さえておきたい浩英建設の間取りポイントとは?二世帯住宅の間取りを相談

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
押さえておきたい浩英建設の間取りポイント

浩英建設で家を建てる場合にポイントなってくる間取りは、ズバリ「梁」ですね。

 

家の内装の写真を見てみると、さすが自然素材にこだわった家だなと思うのが天井の木の多さです。

 

天井をあえて付けず、梁を見せることによってその木の多さに圧倒されます。

 

一般的な住宅だと、フローリングに木を感じるということくらいしかないと思うので、これは一度見学すれば虜になりそうです。

 

しかし、全ての部屋に梁をむき出しにするというのはエアコンの効率上あまり良くないため、リビングだけ梁を見せるという間取りにするのが多いです。

 

ここなら家族が集まる場所なので、人が多くなっても解放感が溢れます。

 

注文住宅も建てられるため自由な間取りができる浩英建設ですが、この時には是非各部屋の天井についても着目してもらいたいなと思います。

 

浩英建設のアイデアをもらいたい二世帯住宅の間取り

浩英建設は、家を建て替えて二世帯住宅を作るということも得意としています。

 

地域的にそのような希望が多いのでしょうか。

 

二世帯住宅の間取りをゼロから考えるといっても、大体形は決まってきます。

 

大枠は、各世帯の暮らし方によってどこまで生活を分離するかによって決まります。

 

お風呂やキッチン、トイレといった水回りを全て2つずつ用意して分離するのであれば、その部屋数は増えますよね。

 

また、玄関を分けるのであれば1階と2階とで玄関ホールの場所も確保しなければなりません。

 

二世帯住宅を建てた実績がある会社なので、わからないことがあったらどんな間取りが過ごしやすいのか積極的に聞くと良いアイデアがもらえると思います。

 

その大枠に、自分たちの希望を詰め込んでいけば理想に近い二世帯住宅ができあがるでしょう。

 

夫婦二人での生活を浩英建設の家で送る際に考えたい間取り

夫婦二人での生活を新築の家で送るなら、浩英建設ではどのような間取りが良いでしょうか。

 

自由に決められるとは言っても、ゼロからだと一体何をどうしたら良いかわからないことがありますよね。

 

そんな時は、浩英建設に限らず施工事例を見てみることをおすすめします。

 

夫婦二人での生活をするとなると、平屋を選択する人もいます。

 

調べたところ、浩英建設の平屋は30坪で坪単価およそ52万円という情報がありました。

 

ペットがいても快適な広さだと思いますし、車を使っているのであればガレージハウスにするのも楽しいかなと思います。

 

平屋だからこそ大胆にできる吹き抜けを使って、天井部分の梁を見せる構造にすれば浩英建設が得意とする自然素材を活かす家作りもできますね。

 

部屋数は少なくても広々とした空間は作れそうです。

 

浩英建設で老後を考えた間取りを作るにはどうしたらいい?

老後を考えた間取りなら、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

浩英建設には、最初から老後を考えた間取りにしたいと言っておくのが最も賢いでしょうね。

 

ただでさえ注文住宅は打ち合わせが多くなり時間がかかってしまうので、それを後で言うとまたプランを作り直すことになりかねません。

 

老後には足腰が悪くなることを考えて、間取りは生活動線を意識したものが人気です。

 

例えば、キッチンと洗面所までの行き来を楽にし、料理と洗濯という家事の負担を少しでも減らそうという工夫は主婦にありがたいでしょう。

 

また、平屋なら階段がないことから足腰の負担がかなり減ります。

 

掃除機を持って上がるという重労働もなくなるため、平屋プランを考えるのも良いと思いますね。

 

個人的には、平屋のゆったり空間で過ごすのが理想に近いかなと考えていたりします。

 

私なら、浩英建設の間取りは木をふんだんに使ったものにしたい

浩英建設で家を建てるのであれば、私なら間取りは思いっきり木を使ったコテージ風の家にしたいですね。

 

外壁まで木を押し出すと気密性が気になるので要所要所には現代の技術を入れたいですが、その支障が出ない範囲で家の中は木の味わいを出したいです。

 

何故ならやっぱり浩英建設の得意分野が国産の木を使った家作りだから。

 

得意分野を頼まれると、その会社は想像以上のものを作ってくれると思うのです。

 

逆に苦手分野は自分から言わないものの、本心では自信がないかもしれません。

 

得意とするものであれば前面に押し出しますし、それはネットでも得られる情報なのでそれは信頼に値するでしょう。

 

エアコンの効きが弱くならない程度の広さをリビングダイニングとして、それ以外は小さくても良いので防音のしっかりした個室が欲しいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事