スーモカウンター FP 相談 評判

MENU

スーモカウンターのFP相談は中立性が評判。あなたの住宅購入をジャッジ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

お金の相談はスーモカウンターのFPに無料で頼める

スーモカウンターでは、無料でFP(ファイナンシャルプランナー)に住宅購入に関するお金の相談ができます。

 

評判は上々で、無料出張サービスがあることから小さな子どもがいる場合でも家に来てくれるというのが良かったという声がありました。

 

出張しても無料というのは確かにそれだけで嬉しいですね。

 

また、漠然と家を買おうかと思っていた段階でも、今何にどれくらいの出費があるのかという家計の現状把握が細かくできたという口コミもあります。

 

これによって将来のプランも明確になり、自分たちの世帯収入ではどれくらいの家が買えるのがより具体性が見えたと書いてあります。

 

平均的な家の値段を見ても、それは自分たちの収入が世の中の平均であり、出費も平均的でないと参考にはならないと思います。

 

そのため、やはりお金の相談は個別相談が一番だと思いますね。

 

スーモカウンターのFPに相談する際のポイント①)家族構成をしっかり伝える

スーモカウンターのFPに、これから購入しようとしている住宅に関するお金の相談をする際には、家の購入資金にどれくらい必要かと聞くだけではもったいないです。

 

今の状態で何にどれくらい出費をしているのかまで聞けるので、ライフスタイルについても細かく話しておくことがポイントです。

 

年収など、こちらに入ってくるお金だけを話しても、そこから出ていく額を教えないことには無理のない住宅ローンはどれになるのか、正しいものがわかりません。

 

同じ年収でも、子どもがいる家庭といない家庭では教育費としての出費が違いますからね。

 

その点までFPは相談に乗ってくれるので、無料であれば聞けるものを全て聞いておいた方がお得だと思います。

 

家の購入時にかかるお金は漠然としていてよくわからないという人も多いので、この際に全部聞いてしまいましょう。

 

スーモカウンターのFPに相談する際のポイント②)理想と現実をしっかり伝える

新築を建てるためのお金の相談なら、スーモカウンターのFPに頼ることができて便利です。

 

このサービスも無料というから嬉しいですよね。

 

出張相談も行っており、自宅でも良いですしカフェで相談をすることもできます。

 

相談時のポイントは、理想と現実との調整をしてもらうために、どんな家を買いたいのかという具体的要望と、今の収入と出費をFPに伝えることです。

 

これによって、自分たちの理想が高すぎたり低すぎたりすればバランスをとってくれます。

 

自分たちが望む家は高すぎたと、第三者に相談することで初めて気づくかもしれませんよね。

 

これはハウスメーカーとの契約前相談で知ることもできますが、特定のハウスメーカーに話を聞くことになるので偏りがあります。

 

中立のポジションにいるFPなら、どこの建築会社にも属さない貴重な意見が聞けると思います。

 

スーモカウンターのFPに相談する際の注意点①)相談する場所選び

スーモカウンターのFPにお金の相談をする時には、金銭的な部分を全て話すという個人情報を初対面の人に話すということになるため、出張相談の場合は場所選びに注意をしておきましょう。

 

家付近まで出張してくれるので、自宅は散らかっていて嫌だという場合などには近くのカフェなどでも相談が可能です。

 

しかし、他のお客さんに相談内容を聞かれそうな場所というのはおすすめできません。

 

いつもは良い具合にざわざわしていて他の人の話はあまり聞こえないと思っている場所でも、曜日と時間帯によっては全く別の状況になる可能性があります。

 

しかし、この注意点さえ守れば周りの目を気にせずぶっちゃけた話もできるでしょう。

 

個人的には家で話すのが最も落ち着くかなと思うので、相談の予約をしたらそのための準備を整えておくと良いと思います。

 

スーモカウンターのFPに相談する際の注意点②)直近の出費が分かる資料を用意しておく

家の購入を漠然と考えている時に、お金のことをその道のプロであるFPに聞けるのは贅沢なことです。

 

スーモカウンターではそのようなサービスがあるので、是非活用してみてください。

 

もしスーモカウンターで相談を希望するのであれば、家の出費がわかるものを持って行くことをおすすめします。

 

例えば、光熱費や水道代はなんとなくこれくらいだったかなで相談するのと、明細を持って行って相談するのとでは結論として出る家を買える金額に差が出てきてしまいます。

 

季節によっても光熱費は上下しますから、最も使わなかった月と最も使った月の2つを持って行くと良いでしょう。

 

それらを捨ててしまったのであれば、直近のものでも構いません。

 

目安がわからなければ正しい数字は出ないので、FPに見せられるものは準備しておくべきだと思います。

 

家を買う際、FPに相談すると役立つアドバイスがもらえる

家を買うと決めた時、次に取る行動として多いのはハウスメーカー探しだと思います。

 

しかし、ここでワンクッション置いてFPを頼るのはどうでしょうか。

 

家のお金のことについてFPに相談するメリットの一つは、どこのハウスメーカーにも属さない中立的立場から金銭的なアドバイスをしてくれるという点です。

 

坪単価が30万円のローコスト住宅を建てるハウスメーカーから受けるアドバイスと、坪単価50万円で、オプション費がかかるハウスメーカーから受けるアドバイスはまた違うものになりますよね。

 

やはりビジネスですから利益も欲しく、そのためのビジネストークも挟んでくるでしょう。

 

となると、直接的には利益にならないFPからのアドバイスというのはより信頼できるものになるかと思います。

 

特定のハウスメーカーに決める前に相談しておくと助かるでしょう。

 

FPに相談することで発生するデメリットはある?

家を買うと決めたら、まずはFPに相談するという人もいるでしょう。

 

そのメリットもたくさんありますが、ここではあえてFPに相談するデメリットを記載します。

 

無料相談にも応じてくれるFPですが、そこからもらったアドバイスは次の段階でハウスメーカーを決めた時に違うことを言われる場合があります。

 

一般的な意見をもらえるわけですが、各ハウスメーカーは個性と特色を持っているため、FPからの意見を否定されるかもしれません。

 

例えば、太陽光発電システムを導入することで住宅ローンの返済が楽になるから、もう少し違った見方をした方が良いと言われるかも。

 

気に入った特定のハウスメーカーがあるなら、FPに相談するというステップを飛ばして直接そこに話を聞いてもらうのが良いかなと思います。

 

その方が早い場合もあることを頭に入れておきましょう。

 

私なら、ハウスメーカー選びの前にFPに相談してみたい

私なら、家を買うと決めた場合FPに相談してお金のあれこれを知っておきたいです。

 

一般的な話ならネットでも情報収集が可能ですが、自分の家のこととなると誰かに相談しなければわからないことが多々あります。

 

かと言って、具体的な収入や出費をネット上に公開して相談するのは、匿名だとしてもやはり気が引けます。

 

スーモカウンターのFPなら、家への出張相談も無料ということなので、これは利用しておいた方がお得かなと思います。

 

この制度を知らなかったらすぐにハウスメーカー探しをし、色んなところで違った話を聞いていたかもしれません。

 

それもそれでアリだと思いますが、漠然と家を買うと決めた段階であれば、特定のハウスメーカーで相談するよりはスーモカウンターのFPの方が相談しやすいかなと思いますね。

 

契約するかわからない会社と話をして押し売りされることもないでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事