タイセーハウジング 評判

MENU

タイセーハウジングの評判は良いの?口コミから見えてくる事実とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
タイセーハウジングの評判を探してみて

家の総額は、本体価格に加えて、オプション費、外構費、工事費、カーテン代、照明代、諸経費などが含まれます。

 

そうなるとかなり増えてしまうので、本体価格にどれだけプラスされるのかまで見積もりをとってもらう必要があります。

 

タイセーハウジングの場合、suumoでは本体価格しか載っておらず、最も安いもので1490万円、最も高いもので1795万円でした。

 

家にしてはそこまでの差がなく、高くてもローコスト住宅であることがわかります。

 

総額となるとこれに数百万円上乗せした金額になりますが、必要となる工事費以外なら自分でコントロールすることができます。

 

オプションをできるだけ少なくし、こだわりの部分だけにしておくことでも大分違ってくるでしょう。

 

そのようにして調節をすれば、総額でも予算内におさまる家は十分作れると思います。

 

実際にタイセーハウジングで注文住宅を建てた人の口コミは?

タイセーハウジングについての口コミの中で、特に具体的、そして実際にそこに注文住宅を建ててもらったという人の声を聞いてみると、良いところがたくさん見えてきました。

 

まず、土地探しから一緒にしてくれるという点は評価が高かったです。

 

注文住宅となると家作りはゼロからになるので、土地からという人も多いはず。

 

ならばタイセーハウジングは頼れる存在になるでしょう。

 

また、オフィスでは設計士が間取りを書いてくれたため、具体的に話を進めることができたとも書かれていました。

 

その時点で決まらなくても、具体案が出るというのはイメージがわきやすいと思います。

 

そして、値段は他のハウスメーカーからは坪単価80万円と言われていたところ、タイセーハウジングは予算を考えた家にしてくれたともありました。

 

このように、この方の情報では良いところがピックアップされていました。

 

タイセーハウジングの建てる家の住み心地はどうだろう

タイセーハウジングの住み心地はどうなのかを調べてみると、公式ホームページには技術的な面より写真がたくさんあり、自由設計であることをアピールしていました。

 

自分たちの理想通りの家になるのであればデザイン的には満足できるでしょうし、タイセーハウジングもデザイン性のある家を作れると言っているのでそこは良いでしょうね。

 

よって、住み心地を左右するであろう間取りや動線に関しては、こちらからも自由に言うことができ、それを再現してくれると思います。

 

プロ目線でそのアイデアでは不足する部分があると言われれば、それを考慮して見直しを行うことでより住みやすい家へとなっていくでしょう。

 

ちょっと変わった施工事例には、「通り庭」を設けた家がありました。

 

注文住宅だからこそできる、個性的で住みやすい家を建ててくれることがわかります。

 

暖かい家作りをするタイセーハウジングの断熱材は?

暖かい家作りをすれば、凍えず安眠できますよね。

 

そのために働いてくれているのが断熱材です。

 

タイセーハウジングのすごいところは、その断熱材の商品名とメーカー名を公式ホームページで公表しているところです。

 

意外かもしれませんが、他のハウスメーカーや工務店はどこまで情報公開をせず、中には「高性能断熱材」とだけ表記するところもあるのです。

 

Cocoloという商品の天井断熱材を例に見てみると、使っているのは現場発泡ウレタンフォームで、写真を見るとふわふわのクッションのようで、隙間なくもこもこが屋根に張り付いています。

 

商品名は「マシュマロ断熱」というので、まさに名が体を表しているなと思いました。

 

メーカー名はBASF INOACで、この断熱材は劣化がないとあります。

 

これなら見えないところであってもメンテナンス要らずで安心ですね。

 

タイセーハウジングの一番の魅力はどこだろう

タイセーハウジングの魅力は、公式ホームページに写真をたくさん挙げて、これから家作りをしようという人にわかりやすくイメージを伝えられているところだと思います。

 

専門的なことを言われてもわからない人も多いため、最もわかりやすいのは目で見ることだと思います。

 

そこを充実させており、施工事例を見られるというのは安心できる要素の一つしょう。

 

うちもこんな風にしたいなという想像が膨らみ、初めての注文住宅でも具体的に話を進めていくことができます。

 

写真は一つ一つがパソコン画面いっぱいになるほど大きいので細かい点まで見ることができますが、前の写真を見たいなと思う時にはスクロールをたくさんしなければならないので比較する時にはちょっと不便かもしれませんね。

 

ただ、イメージを掴むには十分な情報量だと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

タイセーハウジングの坪単価は大体どれくらいなのかタイセーハウジングに商品がないわけではありませんが、基本的に注文住宅を手掛けているので坪単価はそれぞれ異なってきます。それでも目安としての価格は、とあるサイトには延床面積30坪の場合だと坪単価38.8万円~と書かれていました。大体ハウスメーカーの建てる家の坪単価のボリュームゾーンは40万円から60万円となっているので、それと比べると少し安いくらいでし...

 
 

タイセーハウジングのアフターサービス内容は良い?タイセーハウジングのアフターサービスについての情報を見ると、他のハウスメーカーとそこまで変わらないものになっているような印象を受けました。JIOによる住宅瑕疵担保責任保険がついており、無料点検は家の引き渡しから6か月後、1年後、2年後、5年後、10年後に行われます。しかし、色々な情報を見ていると、大事なのはこの仕組みではなく実際に動いてくれるかという...

 
 

タイセーハウジングは自社の悪い評判まで載せるところがすごい!注文住宅を建てるタイセーハウジングの評判は、公式ホームページの「お客様の声」というところから見ることができます。タイセーハウジングはアンケートを実施しており、今はNo.36まであります。ここのすごいところは、そのアンケートに書いてある質問、「お引越し後のご不備な点はありますか?またはお引渡しを受けるまでにご不満な点はありましたか?」に対す...