タツミプランニング 外壁 評判

MENU

【タツミプランニングの外壁】タイルか木目調どちらかがオススメ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
目次
タツミプランニングの外壁の評判

タツミプランニングでは、建築家を建てる独創的な家作りも可能です。

 

写真を見てみると、家の外壁が明るい黄色だったり、複数の色を使っていたりとかなり個性的な家がありました。

 

このように、自由設計で好きなように外観を決めることができるので、タツミプランニングの外壁は評判が良いです。

 

会社側からこれと決められたものにするのではなく、ゼロの状態から自分たちで家の見た目を変えられるというのは楽しいでしょう。

 

インテリアも大事ですが、エクステリアに凝れば周りにも一目瞭然で、自慢できるようなマイホームとなりますからね。

 

デザイン面ではかなり自由にできるので、あとは機能性をどの程度備えるかがポイントになってくると思います。

 

私なら、飽きの来ないデザインにセルフクリーニング機能付きの外壁材を選びたいですね。

 

タツミプランニングの外壁に見られる特徴

タツミプランニングの外壁の特徴といっても、自由度が高いことから統一されたものという印象は受けません。

 

木目が美しい外壁材を使った木をしっかり感じられる家もありますし、ガルバリウム鋼板を使ったかっこいいデザインの家もあります。

 

これでないといけないということはなく、施主側の判断にゆだねられているところが特徴ですかね。

 

外壁に木目があるというものは珍しいですが、自然のものということからそこまで派手という印象はありません。

 

家の中が自然素材でいっぱいという商品は多いですが、外壁に木を使うというのは面白いなと思いました。

 

ガルバリウム鋼板は黒が多いように思います。

 

シックに決められる大人な印象を受けるので、年月が経っても飽きの来ないデザインではないでしょうか。

 

他の外壁材と比較するとより面白そうです。

 

タツミプランニングの外壁の標準仕様は?

家の仕様には標準とされるものがありますが、それについて公式に情報公開しているところは少なかったりします。

 

タツミプランニングの外壁はどんなものが標準仕様となっているのかを調べてみたところ、公式ホームページではありませんが、「注文住宅のハウスネットギャラリー」というサイトで明記されているものがありました。

 

アイカ工業のジョリコート弾性リシン吹付か、ニチハのサイディング貼り(16mm)とのことです。

 

もしかしたらこの両方を一軒の家に使うこともできるのかもしれませんね。

 

一階部分や一部分のみ外壁材を変えてデザイン性をもたせているという家も多いですから。

 

もしこの標準仕様以外の外壁材を希望するなら、オプション等で変更可能です。

 

施工事例からはかなりバラエティー豊かな外壁を見ることができるので、チェックしておくと良いと思います。

 

タツミプランニングの外壁をタイルにすることは可能か

家の外壁材で、タイルは少し高級ですが、その分メンテナンス費用がかからないということからトータルコストで見れば安いと言われています。

 

タツミプランニングでタイルを採用可能かどうかはっきりとした情報はありませんが、建築家と一緒に建てられるほどの自由度も持っているので、商品によっては可能になっていると思われます。

 

家のプランによってはできないと言われる可能性もゼロではありませんが、オプションであればできるのではないでしょうか。

 

施工事例では家の外観を写した写真を見ることができますが、タイルに寄っているわけではないので素材まではわかりません。

 

わかりやすいところでは、木目が見えるものやガルバリウム鋼板、サイトで記載があったサイディングがあります。

 

口コミではモルタルが標準となっている商品もあると書かれていましたから、タイルについては要相談ですね。

 

私がタツミプランニングで家を建てるなら、外壁は木目調に

もしタツミプランニングで家を建てるのであれば、私なら外壁は木目調の素材を一部に使用してみたいです。

 

見た目からもうおしゃれであるということに惹かれますね。

 

コテージのように全てが木でできているという家は近所にあるのですが、そうではなく、一部を木目調にすることによって耐久性をアップさせたいです。

 

家全体が同じ色、同じ素材だと、統一感はありますがものによってはシンプルすぎると感じます。

 

木目調の外壁材も同じだと思うので、様々なアレンジをタツミプランニング側に聞いてみたいです。

 

自分の理想はある程度あっても、具体例を見せてもらえるならプロからの提案も大いに参考にさせてもらいたいですね。

 

自分の頭だけでは思いつかなかったものや、見たことのないデザインをたくさん見て、その中からベストを決めたいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事