積水ハウス 平屋

MENU

積水ハウスの平屋の評判は?標準仕様でも満足できるか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

家づくりは、「標準装備」だけでどこまで粘れるかが全体の建築費を左右します。

 

かといって、あまりにケチって必要なものをつけないのも考えモノ。

 

標準のグレードが高く、内容が充実しているのが理想的ですが、積水ハウスはどうなのでしょうか。

 

実際に積水ハウスで平屋を建てたオーナーさんの声を元に、同社の標準装備についてまとめていきます。

 

「こんなの、あったらいいな」という希望を全て叶えてくれる家が理想的ですが、そのためにはオプション費用も結構な金額になります。

 

その点、積水ハウスは「オプションをほとんど付けない人も多い」とか。

 

噂の真相はいかに?

 

積水ハウスなら標準装備だけでも十分!ってホント?

「積水ハウスは標準装備が非常に充実しているので、オプションは最小限で良い」

 

という話をよく耳にします。

 

私も実際にショールームに見学に行ったのですが、その噂は本当でした。

 

積水ハウスの標準装備のグレードの高さは、正直、感動モノです。

 

他のハウスメーカーではオプションでないとつけられない機能やデザインが標準装備で備え付けられているのが特徴。

 

積水ハウスは坪単価が高い高級ハウスメーカーとして有名ですが、標準装備としての質がそもそも高いので、「価格相応の住宅が築けるんだな」と実感しました。

 

平屋だと「HIRAYAの季」という商品が代表的。

 

積水ハウス 平屋の季 公式サイト
https://www.sekisuihouse.com/products/steel2/hiraya/hiraya_02.html

 

その主な標準装備について、まずはざっくりとまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

  • キッチン・・・パナソニック、クリナップから選択できます
  • お風呂・・・積水ホームテクノのシステムバス。収納棚つき
  • トイレ・・・リクシル製。タンク式×ウォシュレットが標準仕様です
  • 窓ガラス・・・防犯・断熱性能の高い複層ガラス
  • 空調・・・24時間換気システム

 

積水ハウスの平屋の坪単価は70万円以上で、業界全体からみれば「高い」と言われるメーカーですが、「標準装備の中身を見て納得した」という方も多いんです。

 

機能性の高い設備を付ければ住宅も長持ちしますし、メンテナンスも必要最小限で抑えられるでしょう。

 

こちらの記事 ⇒ 積水ハウスで建てるシャーウッドの平屋の価格は良心的?でも紹介していますが、耐震性の高さもまた、支持されるポイント。

 

積水ハウスは、初期費用は高くても、将来的には得することばかりと言っても過言ではないハウスメーカーなのです。

 

さっそく、標準装備の細かいこだわりを見ていきましょう。

 

ほどよくオシャレで使い勝手の良いキッチン

マイホームを建てるにあたって、主婦のみなさんが一番になるパーツといえばやはりキッチンではないでしょうか。

 

既にご紹介した通り、積水ハウスで採用されている標準装備のキッチンはパナソニック製またはクリナップ製。

 

平屋の商品説明ページではキッチン設備については触れられていないのですが、下記のサイトを見ると「積水ハウスの標準のキッチンってこういう感じなんだー」とイメージしやすいと思います。

 

積水ハウスリフォーム情報サイト キッチン設備
https://noc.sekisuihouse.co.jp/reform_menu/reform/products/kitchen/

 

例えば、クリナップのレンジフードは「お湯をセットするだけでレンジフードの掃除ができる」という優れモノ。

 

洗剤を使わずにお掃除できるなんて、なんとも画期的です。

 

パナソニックの3口並列コンロも「見た目にオシャレ」「使いやすい」と好評な標準装備です。

 

ちなみに、クリナップ製としては「クリンレディ」というシステムキッチンがイチオシかつ一番人気となっていましたが、この商品は2018年9月に「ステディア」という商品に変わっています。

 

ステディアの公式サイトはコチラ。

 

クリナップ ステディア システムキッチン 公式サイト
https://cleanup.jp/kitchen/stedia/

 

クリナップ製品の持ち味である「ステンレスへのこだわり」は継承されていますが、デザイン性はグッとUPして見た目にオシャレなキッチンに進化しています。

 

リクシルのキッチンでよく見かけるウッド調の収納扉も仲間入りしたので、キッチンを選ぶ際の「わくわく感」も増すのではないでしょうか。

 

憧れのアンティーク&カフェ風キッチンも夢ではありません。

 

クリンレディ→ステディアへの進化についてはこちらのサイトがわかりやすいのでぜひチェックしてみてください。

 

myHOME Liing クリナップのキッチンがクリンレディからステディアに!
https://happysmilelife.com/stedia-4393

 

 

インテリアにマッチする洗面台が好評!

キッチンを「カフェ風」」「アンティーク風」にこだわったデザインにしたのであれば、洗面所もこだわりたいですよね。

 

デザイン重視の標準装備といえば、リクシルの「LC」です。

 

LIXIL LC 洗面化粧台 公式サイト
https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/lc/

 

リクシルがお得意とする木目調の扉カラーは4種類。

 

床材やキッチンの扉に合わせてコーディネートすればインテリアにも統一感が出ますね。

 

掃除がラクチンな水栓、カウンター、そしてたっぷり収納できるのが魅力的。

 

手を差し出すだけですぐにお湯が出る「即湯水栓」があるのも気が利いています。

 

一方、パナソニックの「ウツクシーズ」だって負けておらず、「シンプルで使い勝手が良い」と好評です。

 

こちらはさらに扉のカラーが充実していて、木目柄だけで8色もあるんです。

 

自然な木目感と光沢に定評があり、やはりインテリアとの相性もバッチリですよ。

 

水をはじく素材を使った「スゴピカカウンター」は、さすがパナソニックという感じ。

 

掃除がラクというばかりではなく、衝撃に強く割れにくいという点もポイント高いですね。

 

洗面ボールや水栓、引き出しの仕様・デザインが豊富に揃っており好きなものを選べるので、理想の洗面所作りには最適と言えます。

 

リクシルの洗面台は、大理石のカウンターや、化粧品を綺麗に整理整頓できるパウダールームデザインが女性からとても好評です。

 

お手入れもしやすいデザインになっており、清潔な状態の洗面所をキープできるのも嬉しいですね。

 

どちらのメーカーにするかは、実際にショールームを見学して決める方が多いでしょう。

 

 

私たち、こんなオプションで満足してます!

このように、積水ハウスは「平屋」か「二階建てか」を問わず標準装備のグレードが高いことに定評があります。

 

しかし、それでもやはり「100%満足です!」とはいかず追加料金を支払ってオプションをつけているオーナーさんが多いですね。

 

例えばどんなオプションがあるのか?「つけて良かった」と満足の声が多いオプションをご紹介します。

 

  • 窓の庇
  • 軒を延長
  • エコカラット
  • 手摺(玄関、トイレ、脱衣所)
  • ホスホクリーン
  • 玄関アプロ―チのタイル
  • 凍結防止立水栓
  • 保安灯(停電時携帯可2階居室)
  • 足元灯
  • 階段下収納
  • 床暖房
  • ライブナチュラルの床
  • LDKの間接照明
  • 玄関、廊下、納戸のセンサー照明
  • 電動シャッター
  • フロートタイプの靴箱
  • 階段を鉄骨→木製に変更
  • 電気錠
  • フラットバルコニー
  • ベルバーンの外壁

 

特に好評なのは「ホスホクリーン」。

 

川口技研 ホスホクリーン 製品情報公式サイト
https://www.kawaguchigiken.co.jp/products/monohoshi

 

私も展示場で実物を見たことがありますが、「雨の日でも洗濯せずにはいられない」「洗濯物を溜めたくない」という方にとっては非常に重宝するアイテムでしょう。

 

今、賃貸暮らしで「洗濯物を部屋干しするスペース」がなくて困っているなら、なおさら魅力的に思えるはずです。

 

使わない時は天井に格納しておけるタイプもあるので、インテリアを損なう心配がないというのも気が利いていますね。

 

一方で、「食洗器」や「エネファーム」「和紙の畳」などのオプションは「つけたけど必要なかった」という声が多いです。

 

オプション選びで迷ったら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

積水ハウスの平屋建て標準装備 まとめ

積水ハウスは坪単価が高いことでも知られるメーカーですが、標準装備のグレードが高いことを考えるとコスパは決して悪くありません。

 

人によっては「オプションはほぼナシ」でもいけてしまうくらいのレベルですが、やはり後になって「あれをつければよかった」と後悔している方も少なからずいらっしゃるので、設備選びは慎重に。

 

今一度、積水ハウスの標準装備について振り返っておくと、

 

  • 積水ハウスの標準装備は評判が良い
  • 水回りの設備はデザイン性も機能性も満足度が高い
  • クリナップのキッチン設備は2018年9月~新商品に移行している
  • 標準装備は充実しているが、やはりオプションの検討も必要
  • カタログだけではなく、実物を見て決めるのが理想的

 

なるべく価格を抑えることも大事ですが、そこにこだわり過ぎると本当に大切なことを見失ってしまいます。

 

まずは自分たちの暮らしの何が必要なのか、一通り書き出してみましょう。

 

その上で要・不要を慎重に吟味して、納得のいく取捨選択を!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

積水ハウスのエアキスで常にクリーンな空気を実現!
積水ハウスのアフターサービスはどう?雨漏りした時とか
2世帯住宅購入者から人気の積水ハウス。その理由は?
積水ハウスの外壁にはどんな種類があるの?網戸の種類は?
積水ハウスのルーフバルコニーは防水性能の高さがウリ!
積水ハウスのバルコニーの価格と防水対策と安全構造が気になる
積水ハウスのリフォームの価格は?見積もりは高めに設定しとく理由
積水ハウスのリフォームには保証制度があるの?ローンは組める?
積水ハウスのリフォームで使用されている外壁塗装は長持ちする?
積水ハウスの屋上リフォームはどう?屋根のリフォームはおいくら?
積水ハウスのシステムキッチンリフォームは効率が良いと評判!
積水ハウスで勧められた子供部屋のリフォーム方法
積水ハウスで建てるシャーウッドの平屋の価格は良心的?
シャーウッド口コミは果たして良いのか?ベルバーンも検証!
シャーウッドのおすすめな内装インテリアを考える!積水ハウス大好き
積水ハウスのシャーウッドの気密性の高さの秘訣とは?
積水ハウスのシャーウッドでおすすめの外壁は?
積水ハウスのシャーウッドは瓦屋根との相性が抜群だと思う!
積水ハウスのシャーウッドでおすすめの間取りは?工夫したいこと
積水ハウスで35坪のシャーウッドの住宅を建てる!間取りはどうする?
積水ハウスのつなぎ融資はどうなっている?値引き交渉は可能?
積水ハウスでローコストで建てることは可能?増築する場合の価格は?
積水ハウスではキッチンの見積もりはどうなっているのか?
積水ハウスのハイレベルな冷暖房システムが快適そうで羨ましい!
積水ハウスの土間収納が高評価の秘密とは?
積水ハウスの注文住宅は防音性に優れている
積水ハウスのリフォームと増築する費用は高いのか
積水ハウスの5年点検と10年点検と60年保証はどのようなものか
積水ハウスが使用する断熱材の特徴は?素敵なバルコニーに憧れる
積水ハウスのペアガラスは他のハウスメーカーとどこが違う?
積水ハウスのドアホンのセキュリティが高いと言われている理由
積水ハウスの屋根材で一番使われているのが瓦!メリットはなに?
積水ハウスの中古リフォーム物件を購入する際に気をつけておきたいことは?
積水ハウスで一世帯の住宅から二世帯住宅へのリフォームはできる?
積水ハウスのリフォームでオール電化は採用すべきなのか
積水ハウスのリフォームでクレームが少ない理由
積水ハウスの窓はリフォームしやすくていいらしい
玄関ドアを広くするため、積水ハウスでリフォームしたい
シャーウッドで人気の内装やインテリアを研究してみる
積水ハウスでお風呂をリフォームしたら価格は?
シャーウッドの値引き交渉は、どの段階でするのがベスト?
シャーウッドの欠点を考える。積水ハウスにも欠点はあるのか?
注文住宅にするなら積水ハウスのシャーウッドにしたい
積水ハウスのシャーウッドで緑の家は平屋に似合うかな?
シャーウッドの保証はどう?積水ハウスだから安心してるけど
積水ハウスのシャーウッドならではのリビングの工夫とは?
積水ハウスのシャーウッドにサイディング材は不向き?