家 売却 見積もり

MENU

家の売却見積もりが安かった時の対処法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
家の売却見積もりが安かったらリフォームも視野に入れよう

今住んでいる家を売却しようと思った時、どれくらいの値段で売れるかを見積もりでチェックすると愕然とするケースもあります。

 

家を購入してすぐに土地の価格が下落したりした場合には、運悪くそのようなケースになってしまいます。

 

それでも、少しでも良いから高く売りたいというのであれば、思い切ってリフォームをしてみるという手があります。

 

さらにお金を出すことになるので勇気が要りますが、リフォームをしたことによって家の価値が上がることは間違いありません。

 

その後に見積もりととれば、リフォーム代の元が取れる以上の成果が出る可能性があります。

 

しかし、これは保証されてはいないので、やるなら博打になるという覚悟で臨まなければ後悔すると思います。

 

私なら、リフォームは不動産会社と相談してするかしないか決めたいです。

 

自分の家がいくらで売れるか、大体の見積もりを確認する方法

自分の家を売る際、どれくらいの見積もり額になるのかというのは気になるところです。

 

もし、業者が適正価格より安い値段を言ってきても、相場がわからなければそれが妥当なのかと思ってしまいますよね。

 

ここで利用したいのは、国土交通省が一般公開している不動産取引価格情報です。

 

土地総合情報システムというところで誰もが見られるようになっており、これを相場とすることができます。

 

もちろん細かいところでは見積もり額も変わってくるはずですが、大体の値段を知っていることによって業者に必要以上の低姿勢で臨む必要はなくなります。

 

利益優先の会社がやっているサービスではなく、国土交通省の情報というのは信頼できるなと思います。

 

売る前に確認をしたいと思うなら、最も確かな情報の一つだと思うのでオススメしたいです。

 

家の解体にかかる費用は?見積の中身をチェック

家を解体するだけでもその費用は結構かかるものです。

 

平均では、木造住宅の解体の場合23,000円/坪~30,000円/坪となっていると聞きました。

 

これで見積がわかるわけですが、それでも何故その値段なのかはイマイチ教えてもらえません。

 

見積内容をチェックしてみると、そこでわかるのは何にお金がかかるかということでした。

 

まずは人件費ですね。

 

そして解体機や運搬トラックなどが必要になるので、機械費と呼ばれるものが含まれます。

 

廃材の処分にかかる費用、電気ガス水道の撤去にかかる費用も合わせると、解体にかかる総額が出てくるわけです。

 

基本的にこの4つがメインに据えられており、ネット情報では坪で表すと上記のようになると記載されていました。

 

この内訳に納得できる会社探しが重要となってくると思います。

 

鹿屋市の住宅解体の見積例をチェックしてみた

鹿児島県鹿屋市にあった木造一戸建てを解体した例があったので、その解体費の見積をチェックしてみました。

 

平屋で、建物価格は447,300円(税抜)、総合計金額は560,000円(税抜)となっていました。

 

21坪の家で、解体にかかる費用は坪単価2.1万円ということです。

 

がっつりと家を壊すだけだと思っても、その後の廃材処理にかかる費用であったり、立地条件によっては重機が入りにくかったりすると人力になってしまう場合もあります。

 

どのような立地条件だったのかまでは調べられませんでしたが、木造の平屋では約56万円かかるということがわかりました。

 

もし、奥まったところにあり重機が入らないような家であれば、ネットでした見積と違って費用が跳ね上がるなんてこともあると思います。

 

土地から相場はわかっても、やはりそれぞれの家の状態によって価格は変わります。

 

家を更地にするにはいくらかかる?構造別の目安

家を更地にする時、解体にかかる見積もりは会社によって違うので、複数社に頼んでみることが重要です。

 

とはいうものの、私ならやはり相場が知りたいと思うので調べてみました。

 

すると、家は面積にもよりますが、構造によっても価格が異なることがわかりました。

 

例えば、木造の坪単価はなら2~3万円ですが、鉄骨造になれば3~4万円、更に鉄筋コンクリート造であれば4~5万円になっています。

 

一般的な数字ですが、家の作りが強固であればあるほど、その解体には高いお金がかかると言えます。

 

解体後に売れるようにするためには土地をキレイに整備する必要もあるので、それに関する費用も当然かかってきます。

 

大体の目安となる解体にかかる坪単価を押さえておけば、業者に出された見積もりの適正価格がわかって良いと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事