ウィザースホーム 全館空調

MENU

ウィザースホームの全館空調はどう?衛生面などから換気システムを検証

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
全館空調で快適な我が家を!ウィザースホームの空調管理

ウィザースホームには、全館空調システムを導入したプランがあります。

 

これは、エアコンとは違って部屋ごとに空調管理をするのではなく、家全体を同じ温度に保つものです。

 

これによって部屋間の移動の際に暑かったり寒かったりと不快に感じることはなくなり、大きなところではヒートショックや熱中症を防げて命を守ることにもなります。

 

特に赤ちゃんや年配の方がいる場合にはそのような心配がなくなり、家では誰もが快適に、そして健康的に過ごせるようになります。

 

家の設備を考えることは家族の健康を考えることにもつながるため、学校や仕事から帰ったらリラックスできると思える家を作ることは大切だと思います。

 

エアコンでも良いですが、全館空調なら廊下やトイレ、脱衣所の温度も管理できるのは魅力的でポイントが高いですね。

 

衛生面で問題は?ウィザースホームの全館空調

ウィザースホームの全館空調システムを調べてみると、特に衛生面に関しての記述はありませんでしたが、別のハウスメーカーの口コミではこんな話を聞いたよという貴重な意見が見つかりました。

 

常に稼働させておかないとダクトの中が汚れる可能性があるということや、湿気を多く取り込むとむさってしまうということなどです。

 

これらの情報元がどこなのか不明なので信憑性がわからないのですが、もしそうなるのであれば衛生面に問題ができてしまいますよね。

 

全館空調を取り入れる際には、ハウスメーカーの言うメリットだけを見るのではなく、あえてデメリットを聞くことが大事だと思います。

 

誰にとっても良いものというのはそうそうないので、そのデメリットを受け入れられるのであれば取り入れるという形が家作りの場合少なくありませんからね。

 

換気システムでウィザースホームの家をより快適に

家には換気システムが必須ですが、ウィザースホームではPM2.5フィルター搭載の高性能な喚起システムが導入されています。

 

今は前ほど問題視されなくなりますが、一時期はPM2.5はかなり言われていましたからね。

 

また、この換気システムは花粉やホコリを除去してくれるため、家の中では花粉症が和らぐという効果も期待できます。

 

ホコリに敏感でくしゃみをしたり鼻水がつらいという場合、この換気システムのおかげでそれが改善したら喜ばしいことですよね。

 

目には見えないのでありがたみがわからなかったり、住んでみてしばらく経ってから知ったということになるのがもどかしいところです。

 

エアコンを付けていて部屋の窓をあけなくても、換気システムがあれば常に空気はキレイははずです。

 

健康を意識した家作りなら換気の面は無視できないと思います。

 

ウィザースホームで24時間換気システムを入れている商品は?

全館空調・24時間換気システムを搭載しているウィザースホームの商品は、「エアヴェリー」と言います。

 

このシステムは、家全体に巨大なエアコンをかけているというようなイメージで、どの部屋の温度も一定にすることができます。

 

公式サイトには、各部屋の温度がどのくらいになるのかを色分けして人目でわかりやすくした間取り図があるので、是非チェックしてみてください。

 

トイレも廊下も脱衣所も快適な温度というのはかなりありがたく思いますが、一方で部屋ごとに温度調節ができた方が良い場合もあるなと思います。

 

男女が感じる快適な温度の差は4度あると言いますから、それだと誰かが寒い、暑いと言いそうですよね。

 

フロアごとに温度調節ができるものもありますが、それでもやはり部屋ごとの方が快適性は上がるようにも感じます。

 

エアコンVS24時間空調!ウィザースホームで選ぶなら?

家全体をまるごと同じ温度にしてしまう24時間計画管理システムを導入できるウィザースホームですが、あえてそのような設備ではなくエアコンを導入するという方法も考えられます。

 

24時間計画管理システムのメリットは、お風呂場やトイレ、廊下など普通はエアコンを付けないところまで温度調節ができるところです。

 

一方エアコンの良いところは、部屋ごとに温度調節ができるので、子どもたちなどがそれぞれの部屋で自分が最も快適だと思える温度に保てることです。

 

24時間計画管理システムは部屋ごとの管理ができないタイプが多いので、それを選ぶと温度を下げたい人と上げたい人とで喧嘩になるかもしれません。

 

部屋以外のところも快適温度にするか、それとも個々人が快適さを追求できるものにするか、これはかなり迷う選択だなと思いますね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事