ウィザースホーム インテリア

MENU

ウィザースホームのインテリアはどう?壁紙やカーテンについて考える

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
インテリアが映えるウィザースホームの家

家のインテリアはほとんどが家具や小物など、ハウスメーカーが提供するもの以外で決まってしまうところがあります。

 

ハウスメーカーによって映えるインテリアになるのは、床材と照明選びではないでしょうか。

 

ウィザースホームのインテリアを見ていると、やはり家具が込みになってくるのでどれもおしゃれに見えますが、これは床材との相性が良いからでしょう。

 

ざっくりとどんな雰囲気にしたいかが決まっているのであれば、その希望をウィザースホーム川に言っておきましょう。

 

使いたい家具によって、おすすめされる床材や照明が変わってきます。

 

北欧家具でそろえる場合と、ビンテージな雰囲気を出したい場合では色味も風合いも違ってきます。

 

作りだしたいイメージを伝えることで、より家具が活かされてインテリアが素敵になるのだと思います。

 

ウィザースホームでオプションを付けるとしたら何がおすすめ?

オプションを付けることによって家の価格はあっという間にあがってしまいますが、それがあるとないとではやはり使い勝手やデザイン力に大きな違いが出ます。

 

ウィザースホームの家を建てるのであれば、標準仕様となるものを商品ごとにチェックし、標準でもまあまあ理想に近いかなと思えるものを参考にするのがベターです。

 

そこからオプションを追加していき、こだわるものはより良いものへと進化させていきます。

 

性能面で言うならば、私は太陽光発電システムを検討したいですね。

 

初期費用がかかりますが、いつかはそれが黒字になってくるのなら、その期間によっては採用した方がコスパが良いという判断ができます。

 

ソーラーパネルにも性能の違いがあるので、どんなものをどのくらいの大きさで採用するかは予算次第になるかと思います。

 

白を基調とした壁紙が多いウィザースホームの部屋

ウィザースホームのインテリアを見てみると、多くのハウスメーカーが建てる家のように壁紙は白が基調となっていました。

 

リビングは特にそうですが、家族共有で長くいる空間の壁紙はシンプルなものが多いですね。

 

壁紙を変えるとなると自分ではなかなかできませんから、個性を出すとしたら家具のテーブルであったり、付け替えができるカーテンです。

 

色や模様を付けているのが多い空間はトイレですね。

 

植物をモチーフにした壁紙にしているところもあります。

 

確かにトイレなら多少派手にしても違和感がないですし、どこかで個性を出したいなと思うのであればうってつけの場所だと思います。

 

ここも白を基調として清潔感を出すのも良いですが、汚れやすい場所であることを考えるとあえて色が付いているものの方が安心かなとも思いますね。

 

ウィザースホームのカーテン事情。気を付けたいことは?

家の本体価格にカーテンの費用が入らないということは注意事項ですね。

 

また、もう一つ気を付けたいのはハウスメーカーおかかえのカーテンはショップは高額だという点です。

 

一概には言えませんが、それでも多くのところで言われているため、うちではカーテンは窓のサイズに合うものをホームセンターで買ったという話も多いです。

 

全ての窓のカーテンを選ぶのは大変ですが、その分安いのです。

 

ウィザースホームの場合もそうなる可能性は0ではないですね。

 

カーテン選びをする際には、デザインはそれぞれの好みで良いですが、遮光カーテンは必須だと思います。

 

冬には良いでしょうけど、夏になるとカーテンを閉めても長いこと明るく、朝は早くから日が入り、自由に部屋を暗くすることができなくなってしまいます。

 

もちろんその分部屋の温度も上がりやすくなってしまうので、遮光カーテン以外のものをデザインだけで選ぶのはおすすめしません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事