蓄電池 バッテリー 違い

MENU

蓄電池とバッテリーの意味に違いはないけれど・・・

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

本来、バッテリーとは電池のことなので、意味は蓄電池とそんなに違いはありません。

 

しかし日本でバッテリーという場合は、車用のものを指す場合が多く、家庭用の蓄電池とは構造も用途も違います。

 

蓄電池はよりコンパクトに安価に、日々進歩しています。

 

本来、バッテリーの中に蓄電池は含まれる

「バッテリー(battery)」とは日本語に直すと「電池」。

 

懐中電灯にはいっているものや、携帯電話、ノートパソコンにつんでいるものすべて英訳するとバッテリーです。

 

バッテリーという大きなグループの中に蓄電池は含まれるので本来、意味において大きな違いはありません。

 

しかし日本でバッテリーという場合は一部の電池を指す場合が多いようです。

 

充電できない使い切りのタイプを「1次電池」、充電できて再利用できるタイプ(=蓄電池)を「2次電池」と呼びます。

 

バッテリーと呼ぶ場合は2次電池、それも特定の用途のものを指します。

 

例えば、自動車に積んであるもの、ラジコンカーに使用するもの。

 

車載のバッテリーは鉛蓄電池、電極には鉛、電解液には硫酸を用いるもので、歴史が非常に古く安定性があります。

 

さらにコストが安いという大きなメリットもありますが、反面、重量や液モレの可能性があるなどの欠点があります。

 

ラジコンカー用のバッテリーは「ニッカド」と呼ばれるニッケルカドミウム蓄電池のこと。

 

電極に水酸化ニッケルと水酸化カドミウムを用い、電解液には水酸化カリウム水溶液を用います。

 

有毒のカドミウムを使用することによる環境の問題があり、容量も少ないためにホビー用以外ではあまり使用は広まっていません。

 

バッテリーは主に自動車に用いられる

蓄電池、特に家庭用の蓄電池の多くはリチウムイオン電池、電極にそれぞれリチウム金属酸化物と炭素材を用います。

 

メリットはコンパクトである点、充電放電の繰り返しによる劣化が少ない点など。

 

デメリットは価格が高い点が上げられます。

 

蓄電池と日本で呼ぶ「バッテリー」は、電極や電解液が違い、構造と特性が違うのです。

 

したがって、用途も異なってきます。

 

いわゆるバッテリーが用いられるのは車のみ、ガソリン車は12V、ディーゼル車は2つを直列でつないだ24Vとなります。

 

これは、どんな安価な車でも高級車であっても同じ。

 

20年落ちの軽自動車でも、フェラーリでも同じ12Vのバッテリーを用います。

 

これは、自動車の長い歴史から見ても変化はないのです。

 

日々進歩する蓄電池

自動車に用いられるのはバッテリー。

 

しかし、最近の電気を動力とするEVにはリチウムイオン電池が搭載されるようになりました。

 

これは、リチウムイオン電池の特性を活かしたもので、従来の「バッテリー」とは用途が違います。

 

またリチウムイオン電池は、最近注目の家庭用蓄電池にも用いられています。

 

「バッテリー」は枯れた技術ですが、「蓄電池」の技術は日進月歩、これからもっと安価にコンパクトになっていくのでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事