新築 風呂 追い焚き

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
お風呂に追い焚きは必要ですか?新築のバスルームを検討中

新築する時に、お風呂を追い焚き式にするか給湯式にするかの議論はよく有りますが、個人的には給湯式の方がいいと思っています。

 

より清潔であると言うことと清掃が簡単であると言うことがその理由ですが、追い焚き式にメリットを感じないと言うのも理由になっています。

 

追い焚き式の良さとして、お湯が冷めたら温め直せる、浴槽の水を翌日も温め直して再利用できるなどの経済的な理由が挙げられていますが、大いに疑問です。

 

確かに、バスタブに溜めたお湯は次第に冷めていきますが、断熱性能が上がっている現在では長時間放置している場合を除いて極端に冷めることはなく、利用方法によって解消できる問題だと思います。

 

追い焚き式の場合、循環パイプが必要で以前の2つ穴から1つ穴が主流となり、掃除もしやすく専用の洗剤も市販されていますが、定期的な清掃が必要なことは変わりありません。

 

また、翌日に温め直すと言うスタイルは、清潔を目的としたお風呂には反するもので、銭湯や温泉などのように常にお湯を溢れさせていない限り、衛生上で問題があります。

 

以上を考えた場合、総合的には給湯式の方に軍配があがるのではないかと、思います。

 

新築時のお風呂のオプションには床暖房より暖房・乾燥機がお勧め

お風呂にアメニティーが求められるようになって、様々なオプションが用意されていますが、浴室の床暖房だけはメリットを感じません。

 

まずユニットバスの場合には、構成部材に断熱材がついていますから、仮に冷たいと感じても温かいシャワーをお風呂全体にひとかけすればすぐに温まります。

 

また、造り付けの場合でも断熱工事されているのが普通で、ユニットバスよりは暖まりにくいのは事実ですが、同様に床暖房を必要とするほどではないと思います。

 

なお、床暖房ではないですが、洗濯物あるいはお風呂の乾燥と言う意味では、暖房・乾燥機は有効で、乾燥しにくい冬季や梅雨時には実用性の高いもので新築時にはお勧めです。

 

浴室の暖房・乾燥機には、電気で温めるタイプとガスを利用したものがありますが、経験的には圧倒的にガスの方が温風の温度が高く、乾燥性能に優れています。

 

なお、ランニングコストでどちらが有利かの検証データはありませんが、感覚的にはほぼ同じと言う印象を持っています。

 

新築でお風呂に必要な断熱材

現在の最新の省エネ基準は2015年のもので、2020年には全ての新築住宅に義務化される予定ですが、それまでの間は2013年の省エネ基準で新築される住宅も存在するのが実情です。

 

そして、いずれの省エネ基準でも、外壁、屋根(最上階天井)、そして床(外気に接する部分)には断熱材が義務付けられていますから、標準的なユニットバスの場合は、特にお風呂の断熱に気をつける必要はありません。

 

ですが、断熱材の施工不良や造り付けのお風呂などで床にタイルを使用している場合は、床の冷たさに不快な思いをすることがあります。

 

これを避けるためには、断熱材の完全施工は当然のことですが、造り付けのお風呂の場合でもハーフユニットバスを利用することをお勧めします。

 

ユニットバスの構成部材には裏に断熱材が付いており、床・天井・壁がセットになったフルユニットのものと、床・腰壁のハーフセットのものがあり、後者のものであれば床の冷たさを感じることもなく壁・天井をオリジナルな仕上げとすることができます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

新築の物件のお風呂の単価とオススメお風呂メーカーを比較!
システムバスの価格相場は?システムバスにリフォームするメリット
システムバスはカラーが豊富!?憧れの一坪風呂が欲しいうです!
システムバスの人気メーカーは?デザイン性ならウッドワンがいい!
TOTOのシステムバスの評判は?クリナップのお風呂も捨てがたい
システムバスの注意点は?結露対策と水漏れ対策を考える
展示処分品のシステムバスを購入しても大丈夫?
システムバスは値引き可能?タカラとクリナップの値引きについて
タカラスタンダードのシステムバスの価格は100万円前後が相場!
タカラのシステムバスの床はカビが生えにくく、防水性が高い!
タカラスタンダードのシステムバスのどうゆうところが評判良いの?
タカラスタンダードのお風呂にしたら、追い炊きの回数が減った!
タカラスタンダードのシステムバスが掃除いらずと人気!
タカラのシステムバスで換気扇機能のグレードアップは効果あり!?
手すりで安全!タカラスタンダードのシステムバスはタイルの種類も豊富
タカラスタンダードの伸びの美浴室は洗練されたデザインが素敵!
窓の設置で事前にトラブル回避!タカラのシステムバスは要注意?
タカラとリクシルのシステムバスを比較!ルーノは汚れに強いと評判
プレデンシアのシステムバスで極上のお風呂タイムを過ごしたいと思う
TOTOのお風呂はお得な価格だった!?値引きはできる?
TOTOのお風呂が故障してしまったら、どう対応すれば良いの?
TOTOのお風呂はカビが生えにくいから掃除の手間もかからない!
TOTOのお風呂場の評判は本当に良い?どうゆうところが人気なの?
TOTOのお風呂でおすすめのオプションはエコキュート!
TOTOの風呂釜のサイズが他より大きめに作られているって本当?
高齢者に優しい?TOTOのお風呂でバリアフリー
TOTOのお風呂で故障が起きた場合、修理ってちゃんと受けられるの?
TOTOのお風呂の壁にカビが生えにくい理由
TOTOのお風呂は収納棚の種類が豊富!
お風呂はINAXとTOTOデザイン等どちらが良いか比較した
新築のお風呂の色はどんな色が良いのだろう
新築のお風呂の広さはどれくらいあれば十分なのかな?
新築にお風呂で追い焚きが付かない風呂なんて無いですよね?
新築ではお風呂の換気を良くする機能を強化したい!
新築では、お風呂の選択で後悔したくないから失敗例から学ぶ
新築のお風呂はコーティングで何か変わるのでしょうか?
新築のお風呂で後悔しないために必要なこと
意外!汚れが目立つ色を選ぶことが新築時のお風呂を成功させる?
お風呂に必要な広さは?新築時の選択が重要
新築のお風呂に暖房・換気扇をつける意味と効用
浴槽コーティングでお風呂を新築時の美しさに!
新築でもお風呂のこまめな掃除は必要ですが注意も必要
新築お風呂に付けるテレビのコストパフォーマンス
お風呂のある離れを新築で造る贅沢
新築時のお風呂を二階に計画する時に気をつけること
価格が違ってもリクシルのお風呂ならどれも性能は良い
楽しいオプションが満載のリクシルのお風呂!
リクシルのお風呂、「アライズ」はシャワーにこだわりがある
リクシルとクリナップのお風呂を比較すると見えてくる個性
タカラとリクシルのお風呂を比較!どちらもリフォーム向きです
追い焚き機能は?リクシルのお風呂について
お風呂の色選びはどうする?リクシルの「アライズ」の例は?
お風呂の窓はリクシルの2つのシリーズから選ぶのがオススメ
お風呂の壁はどうする?リクシルならおしゃれを追求できる
おふろ場が狭いならリクシルの技術を駆使してみよう
リクシルのお風呂は掃除が楽?「キレイ床」は本当に掃除しやすい?
価格が高いのは覚悟!パナソニックのお風呂は100万円のものも
床にもパナソニックの工夫が見られる掃除しやすいお風呂
エコナビ搭載のパナソニックのお風呂は2つの機能で成り立つ
パナソニックのお風呂に取り入れたいオプションは?
評判を口コミからチェック!人気のパナソニックのお風呂とは?
窓に特徴無し?パナソニックのお風呂につける窓について
パナソニックのお風呂は保温効果が高く、追い焚き不要の場合も
パナソニックの引き戸のあるお風呂は地味に便利?
パナソニックのユニットバスに注目!各モデルの特徴と修理について