新築 離れ 風呂

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
お風呂のある離れを新築で造る贅沢

もし、新築でお風呂のある離れを造れる環境があれば、どのような離れが考えられるかを想像してみました。

 

離れに主寝室を設け、ワンルームに配置した風呂、洗面、トイレを隣接させた夫婦だけの空間、あるいは、お風呂に小さなサウナを付属させて日常の時間から切り離したリラクゼーション空間を造り、夫婦で時には家族で楽しむなど、贅沢な時間を持つことができること間違いなしです。

 

お風呂のある離れと母屋の関係で言えば、母屋から完全に切り離して外部を通って利用する離れよりも、テラスやウッドデッキ、渡り廊下などで何らかの繋がりを持たせる方が、利用しやすいでしょう。

 

また、離れに設けるお風呂の少なくとも1面は外部に開放できるようなレイアウトにしておきたいが、プライバシー等で難しいようなら、少し大き目の天窓でもいい。

 

いずれにしても、離れが造れる環境は恵まれたもので、もしそれが可能であるなら、働き盛りの贅沢空間として、そして将来の隠居部屋として計画してみるのも生活スタイルとしてはオリジナルなものになると思います。

 

なお、離れのお風呂とは別に母屋にもお風呂が必要なことは言うまでもありません。

 

新築時のお風呂計画で向きは気にしますか?

お風呂の向きで良くないとされているのは、北東(鬼門)、南西(裏鬼門)とされていますが、3000年ほど前の支那から日本に伝わり、神道でアレンジされた家相学が、衛生管理に工夫された現在の住宅や設備にどれほどの影響があるものかは、はなはだ疑問です。

 

家相による向き不向きは、上記の鬼門・裏鬼門だけでなく細かな決め事があり、忠実にそれらを守っていては希望する間取り設計はできない可能性があります。

 

不向きとされる方位は、風通しが悪い、日当たりが悪い、あるいは腐敗しやすいなどの経験による相応の合理的な根拠があったのでしょうが、敷地事情が厳しい現在では最優先とするものではなく、可能であれば配慮する程度でいいと思います。

 

従って、家相は大昔の環境や住宅事情から学んだ経験則と合理性に基づいたものとし、現在の新築住宅においては現在の合理的な判断を優先するべきだと思います。

 

新築時のお風呂計画におけるプライバシーと目隠し

新築時のお風呂で、通風・採光を目的としている窓をプライバシー保護のために目隠しで隠すのは、矛盾する行為でそれなりに工夫が必要となります。

 

お風呂の窓は隣地や道路から目につくような場所は避けるべきですが、避けられない場合は高窓や地窓さらには植木などで視線を避ける方法もあります。

 

しかし、敷地条件の厳しさや間取りの優先順位などで仕方なく道路側に配置し、また上のような方法ではプライバシー保護ができない場合には、必要に応じて目隠しが必要になります。

 

目隠しには、可動式のルーバータイプがお勧めで、室内側からルーバーの向きを変えることができ、閉じてしまえば防犯シャッター代わりにもなります。

 

他には、ブラインド内蔵タイプの窓サッシもありますので、お風呂の通風・採光を損なうような目隠しで安直に覆ってしまうのではなく、色々と工夫してみましょう。

 

新築時のお風呂計画では道路からのプライバシー保護に注意

新築計画で、お風呂は道路からの視線を避けた位置にした方がいいのですが、間取りや方位、そして敷地形状などで道路側にくることもあると思います。

 

道路からの家までのアプローチが比較的長い場合は、植木などで視線をさえぎる程度でも良いのですが、道路から近い場合には特に注意する必要があります。

 

視線を気にしながらの入浴では、折角のリラクゼーション空間がストレス空間となるため、必要に応じた目隠しが必要となりますが、通風・採光などの窓本来の機能を出来るだけ損なわないものを選びましょう。

 

窓の目隠しには、板状の固定式のもの、ルーバー状では固定式や可動式のものがあり、通風・採光を考慮するとルーバー状で可動式のものが良いと思います。

 

なお、目隠しには防犯の効果もありますので、道路から比較的近い位置に窓がある場合は、必需品とも言えます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

新築の物件のお風呂の単価とオススメお風呂メーカーを比較!
システムバスの価格相場は?システムバスにリフォームするメリット
システムバスはカラーが豊富!?憧れの一坪風呂が欲しいうです!
システムバスの人気メーカーは?デザイン性ならウッドワンがいい!
TOTOのシステムバスの評判は?クリナップのお風呂も捨てがたい
システムバスの注意点は?結露対策と水漏れ対策を考える
展示処分品のシステムバスを購入しても大丈夫?
システムバスは値引き可能?タカラとクリナップの値引きについて
タカラスタンダードのシステムバスの価格は100万円前後が相場!
タカラのシステムバスの床はカビが生えにくく、防水性が高い!
タカラスタンダードのシステムバスのどうゆうところが評判良いの?
タカラスタンダードのお風呂にしたら、追い炊きの回数が減った!
タカラスタンダードのシステムバスが掃除いらずと人気!
タカラのシステムバスで換気扇機能のグレードアップは効果あり!?
手すりで安全!タカラスタンダードのシステムバスはタイルの種類も豊富
タカラスタンダードの伸びの美浴室は洗練されたデザインが素敵!
窓の設置で事前にトラブル回避!タカラのシステムバスは要注意?
タカラとリクシルのシステムバスを比較!ルーノは汚れに強いと評判
プレデンシアのシステムバスで極上のお風呂タイムを過ごしたいと思う
TOTOのお風呂はお得な価格だった!?値引きはできる?
TOTOのお風呂が故障してしまったら、どう対応すれば良いの?
TOTOのお風呂はカビが生えにくいから掃除の手間もかからない!
TOTOのお風呂場の評判は本当に良い?どうゆうところが人気なの?
TOTOのお風呂でおすすめのオプションはエコキュート!
TOTOの風呂釜のサイズが他より大きめに作られているって本当?
高齢者に優しい?TOTOのお風呂でバリアフリー
TOTOのお風呂で故障が起きた場合、修理ってちゃんと受けられるの?
TOTOのお風呂の壁にカビが生えにくい理由
TOTOのお風呂は収納棚の種類が豊富!
お風呂はINAXとTOTOデザイン等どちらが良いか比較した
新築のお風呂の色はどんな色が良いのだろう
新築のお風呂の広さはどれくらいあれば十分なのかな?
新築にお風呂で追い焚きが付かない風呂なんて無いですよね?
新築ではお風呂の換気を良くする機能を強化したい!
新築では、お風呂の選択で後悔したくないから失敗例から学ぶ
新築のお風呂はコーティングで何か変わるのでしょうか?
新築のお風呂で後悔しないために必要なこと
意外!汚れが目立つ色を選ぶことが新築時のお風呂を成功させる?
お風呂に必要な広さは?新築時の選択が重要
お風呂に追い焚きは必要ですか?新築のバスルームを検討中
新築のお風呂に暖房・換気扇をつける意味と効用
浴槽コーティングでお風呂を新築時の美しさに!
新築でもお風呂のこまめな掃除は必要ですが注意も必要
新築お風呂に付けるテレビのコストパフォーマンス
新築時のお風呂を二階に計画する時に気をつけること
価格が違ってもリクシルのお風呂ならどれも性能は良い
楽しいオプションが満載のリクシルのお風呂!
リクシルのお風呂、「アライズ」はシャワーにこだわりがある
リクシルとクリナップのお風呂を比較すると見えてくる個性
タカラとリクシルのお風呂を比較!どちらもリフォーム向きです
追い焚き機能は?リクシルのお風呂について
お風呂の色選びはどうする?リクシルの「アライズ」の例は?
お風呂の窓はリクシルの2つのシリーズから選ぶのがオススメ
お風呂の壁はどうする?リクシルならおしゃれを追求できる
おふろ場が狭いならリクシルの技術を駆使してみよう
リクシルのお風呂は掃除が楽?「キレイ床」は本当に掃除しやすい?
価格が高いのは覚悟!パナソニックのお風呂は100万円のものも
床にもパナソニックの工夫が見られる掃除しやすいお風呂
エコナビ搭載のパナソニックのお風呂は2つの機能で成り立つ
パナソニックのお風呂に取り入れたいオプションは?
評判を口コミからチェック!人気のパナソニックのお風呂とは?
窓に特徴無し?パナソニックのお風呂につける窓について
パナソニックのお風呂は保温効果が高く、追い焚き不要の場合も
パナソニックの引き戸のあるお風呂は地味に便利?
パナソニックのユニットバスに注目!各モデルの特徴と修理について