新築 風呂 後悔

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
新築のお風呂で後悔しないために必要なこと

折角の新築だから、注文住宅だからとお風呂に色々なオプションを付け、当初は珍しくて楽しんだが数ヶ月でほとんど使用しなくなった、と後悔することがあります。

 

お風呂のオプションには、多機能シャワー、ジェット噴流システム、床暖房、暖房・乾燥機、テレビ・サウンドシステム・・・様々なものがありますが、お風呂の役割の大きな要素であるリラックスやアメニティーに本当に必要なものを選ぶようにしましょう。

 

オプションの選択以外で後悔するものに、窓の位置・大きさ、さらには位置などがあります。

 

一般的な住宅地では、さすがに窓に透明ガラスを採用することはないと思いますが、型板ガラスでもおぼろげながらも人の姿は映りますから、隣地やお風呂の位置によっては目隠しまで必要になる場合があります。

 

これを避けるためには、窓を天井付近に付ける、あるいは縦長の滑り出し窓やルーバー窓で、プライバシーの確保と安全を図るようにしましょう。

 

新築のお風呂が寒い時は断熱材の施工不良か窓が原因

現在の新築住宅では、屋根(天井)・外壁・床に断熱材と気密シートを入れて、外部の熱環境から可能な限り切り離す省エネ構造となっています。

 

ですから、本来温かいお風呂を寒いと感じたりが、浴槽の温度が思いの外に早く冷めてしまう場合には、断熱材や気密シートの施工不良の可能性があります。

 

お風呂がユニットバスの場合は、天井の点検口から少しは確認することはできますが、浴室周囲の全てを確認することが出来ない上に、断熱材や気密シートは、完成してからでは簡単に補修や修復することは出来ません。

 

断熱材、つまり省エネは現在の新築では基本性能ですから、現場監理者や監督さんに注意してもらうようにお願いすると共に、できれば自身でも確認しておくことを勧めます。

 

お風呂が寒くなるもう一つの要因に窓があり、大きな窓の場合にはガラス面から熱が大量に逃げてしまいます。

 

省エネ住宅の普及で、一般の居室部分にはペアガラスや断熱サッシュが使われるようになっていますが、浴室の窓サッシュまでは気が回らず熱損失の大きいシングルガラスとしている場合があります。

 

折角の注文住宅ですから、お風呂の窓も、その大小に関わらず最低でもペアガラスとしておくべきでしょう。

 

新築間もないのにお風呂で水漏れが起こる原因

一般的に、新築間もない頃に起こる風呂の水漏れは、施工ミスや検査ミスなどによる初期不良がほとんどです。

 

お風呂で初期不良が起こりやすいものとしては、給排水管の接続部分の接続不良や締め付け不足、ユニットバス床のボルト脚のガタつき、壁・浴槽・床などのジョイント部分の防水シール不良、などがあります。

 

給排水管は施工時に排水検査や給水検査などを行い、それぞれで水漏れがないかどうかを確認しますが、そのいずれもが短時間での検査のため、実生活での使用環境とは異なります。

 

ボルト・ナットをきっちり締めたつもりでも、使用しているうちに緩みが出て来ることなどが分かりやすい例で、このような初期不良を補うのが職人の経験なのですが、経験不足であったり、うっかりミスもあります。

 

また、ユニットバスにお湯を溜め入浴している時の浴槽の重量は500kg前後になり、床のボルト脚にグラつきがあると、浴槽が下がり壁パネルとのジョイント部分の防水シールに隙間ができ漏水することがあります。

 

このように新築後の間もない頃の初期不良が見られた場合は、早期に施工業者に連絡し対処しておくことが、その後の耐久性に大きく影響します。

 

新築のお風呂にさびが発生したが何故?

ユニットバスの壁パネルの下地材は薄い鋼板で、裏側に不燃ボードが貼られ更に発泡系の断熱材が付いています。

 

壁パネルの浴室側は樹脂系の化粧材で覆われていますが、鋼板の裏表を覆っているわけではなく、浴室側と端部の小口のみで、皮膜そのものもそれほど厚いものではありません。

 

ですから、表面にキズがついた場合や、パネル下部の防水シール部分から水が侵入した場合には、それらからさびが発生してしまいます。

 

防水シールから水が侵入する要因には、カビや物理的な外力で防止シールが剥離してしまうことなどが挙げられ、カビ掃除のつもりで歯ブラシなどでゴシゴシ擦ると、防水シールにキズがつくだけでなく、剥離まで起こしてしまうことがあります。

 

新築間もないのにお風呂にさびが発生する原因には上のようなものが挙げられ、下地鋼板がさびてくると表面の化粧部分がプクンと膨れ上がり、手で触れた時に柔らかい感触があります。

 

このように、壁パネルに膨らみが発生した時は放置しておかないで早めに修復、あるいはパネルの交換を施工業者に依頼しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

新築の物件のお風呂の単価とオススメお風呂メーカーを比較!
システムバスの価格相場は?システムバスにリフォームするメリット
システムバスはカラーが豊富!?憧れの一坪風呂が欲しいうです!
システムバスの人気メーカーは?デザイン性ならウッドワンがいい!
TOTOのシステムバスの評判は?クリナップのお風呂も捨てがたい
システムバスの注意点は?結露対策と水漏れ対策を考える
展示処分品のシステムバスを購入しても大丈夫?
システムバスは値引き可能?タカラとクリナップの値引きについて
タカラスタンダードのシステムバスの価格は100万円前後が相場!
タカラのシステムバスの床はカビが生えにくく、防水性が高い!
タカラスタンダードのシステムバスのどうゆうところが評判良いの?
タカラスタンダードのお風呂にしたら、追い炊きの回数が減った!
タカラスタンダードのシステムバスが掃除いらずと人気!
タカラのシステムバスで換気扇機能のグレードアップは効果あり!?
手すりで安全!タカラスタンダードのシステムバスはタイルの種類も豊富
タカラスタンダードの伸びの美浴室は洗練されたデザインが素敵!
窓の設置で事前にトラブル回避!タカラのシステムバスは要注意?
タカラとリクシルのシステムバスを比較!ルーノは汚れに強いと評判
プレデンシアのシステムバスで極上のお風呂タイムを過ごしたいと思う
TOTOのお風呂はお得な価格だった!?値引きはできる?
TOTOのお風呂が故障してしまったら、どう対応すれば良いの?
TOTOのお風呂はカビが生えにくいから掃除の手間もかからない!
TOTOのお風呂場の評判は本当に良い?どうゆうところが人気なの?
TOTOのお風呂でおすすめのオプションはエコキュート!
TOTOの風呂釜のサイズが他より大きめに作られているって本当?
高齢者に優しい?TOTOのお風呂でバリアフリー
TOTOのお風呂で故障が起きた場合、修理ってちゃんと受けられるの?
TOTOのお風呂の壁にカビが生えにくい理由
TOTOのお風呂は収納棚の種類が豊富!
お風呂はINAXとTOTOデザイン等どちらが良いか比較した
新築のお風呂の色はどんな色が良いのだろう
新築のお風呂の広さはどれくらいあれば十分なのかな?
新築にお風呂で追い焚きが付かない風呂なんて無いですよね?
新築ではお風呂の換気を良くする機能を強化したい!
新築では、お風呂の選択で後悔したくないから失敗例から学ぶ
新築のお風呂はコーティングで何か変わるのでしょうか?
意外!汚れが目立つ色を選ぶことが新築時のお風呂を成功させる?
お風呂に必要な広さは?新築時の選択が重要
お風呂に追い焚きは必要ですか?新築のバスルームを検討中
新築のお風呂に暖房・換気扇をつける意味と効用
浴槽コーティングでお風呂を新築時の美しさに!
新築でもお風呂のこまめな掃除は必要ですが注意も必要
新築お風呂に付けるテレビのコストパフォーマンス
お風呂のある離れを新築で造る贅沢
新築時のお風呂を二階に計画する時に気をつけること
価格が違ってもリクシルのお風呂ならどれも性能は良い
楽しいオプションが満載のリクシルのお風呂!
リクシルのお風呂、「アライズ」はシャワーにこだわりがある
リクシルとクリナップのお風呂を比較すると見えてくる個性
タカラとリクシルのお風呂を比較!どちらもリフォーム向きです
追い焚き機能は?リクシルのお風呂について
お風呂の色選びはどうする?リクシルの「アライズ」の例は?
お風呂の窓はリクシルの2つのシリーズから選ぶのがオススメ
お風呂の壁はどうする?リクシルならおしゃれを追求できる
おふろ場が狭いならリクシルの技術を駆使してみよう
リクシルのお風呂は掃除が楽?「キレイ床」は本当に掃除しやすい?
価格が高いのは覚悟!パナソニックのお風呂は100万円のものも
床にもパナソニックの工夫が見られる掃除しやすいお風呂
エコナビ搭載のパナソニックのお風呂は2つの機能で成り立つ
パナソニックのお風呂に取り入れたいオプションは?
評判を口コミからチェック!人気のパナソニックのお風呂とは?
窓に特徴無し?パナソニックのお風呂につける窓について
パナソニックのお風呂は保温効果が高く、追い焚き不要の場合も
パナソニックの引き戸のあるお風呂は地味に便利?
パナソニックのユニットバスに注目!各モデルの特徴と修理について