住み替え タイミング

MENU

住み替えのタイミングを極める!スムーズに住み替えするために

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
買い取り保証を利用した住み替えならタイミングは難しくない

家をただ買うだけでなく、今住んでいる家を売る準備もしなければいけない住み替えはタイミングが難しいです。

 

買うのも売るのも同時に行うのは難しく、引っ越し後すぐに家を売却できればラッキーです。

 

もし買い手がつかないような立地条件であったり、家そのものにあまり価値がつかない状態であるならば、不動産会社にそのまま買い取ってもらう制度を利用しましょう。

 

これならいつまでも売れ残ってしまうという不安がありませんし、収入も確実に確保できます。

 

住み替えのタイミングはいつが良いのかわからないという人もいますが、上記の制度を利用すれば特にいつが良いというものはなくなります。

 

新しい家への引っ越しによって子どもの転校を必要とされるなどだと春先が良いでしょうけれど、それ以外では自由に決めて良いと思います。

 

マンションから住み替えるのにベストなタイミングは?

マンションから一戸建てや他のマンション、アパートなどへ住み替えを行いたい場合、そのタイミングは重要になってきます。

 

家を売却するタイミングなんていつでも一緒でしょと思いがちですが、より買い手が興味を持つのが春先です。

 

そう、日本では新学期、新年度のタイミングですね。

 

仕事の異動が発表される時期を狙って売却すれば、そう頻繁に広告費を出さなくても売れる可能性が高まるのです。

 

単身赴任をする場合でもマンションなら一人でも広く使いたいという人もいるでしょうし、家族で引っ越してくるなら間取りを確認後即入居を決めてくれるかもしれません。

 

明け渡すタイミングは自由ですが、早くに買い手を見つけたいと思うのなら、3月あたりに準備しておきましょう。

 

売れなかった時の保証をしてくれる不動産会社選びもしておきたいですね。

 

アパートの更新のタイミングで住み替えるとお得

アパートに住んでいない人からすれば、2年に1回の周期で更新をしなければいけないということを知らないかもしれません。

 

更新料の相場は家賃1か月分から1か月半分と言われており、更に更新事務手数料なども必要になってきます。

 

住み替えを考えているのであれば、このタイミングで行うのが良いと思います。

 

よりお得に、支払うお金を少しでも減らしたいならタイミングを考えるのは重要でしょう。

 

ただ、更新までに新しい物件を見つけておく必要があるので、ここには注意です。

 

もし希望の物件が見つからなかったら借り住まいを見つける方法もありますが、引っ越し代も借り住まいを借りる費用もかかるので、それを考えたらあまりお得な方法とは言えません。

 

きっちり次に移り住む物件を見つけておくことが住み替えの基本でしょう。

 

妊娠している場合の住み替え。何か良い策はある?

妊娠を期に住み替えを行うという場合、しばらくは子育てで大変でしょうからそのための住居が必要ですね。

 

となると、売却物件よりもこれから購入する物件に重点を置きたいところです。

 

子育てに向いている物件はバリアフリー化がされているもので、中には子育て世代を狙ってもともとバリアフリーにしてあるというマンションもあります。

 

ただ、マンションの場合は自分の子どもの声やお隣さんの子どもの声が聞こえやすい環境になってしまうので、防音性の高いところを選ばないと、最悪睡眠妨害をしたりされたりしてしまいます。

 

戸建ては壁を一枚挟んで違う世帯が住んでいるということはないのでこのデメリットはなくなりますから、個人的には妊娠しているなら一戸建ての方をオススメしたいです。

 

あとは立地条件、予算、好みの問題でしょう。

 

年齢によって変わる住み替え。それぞれに向いている場所は?

子育て世代の住み替えなら、重視すべきは子育てしやすい環境を提示してくれている自治体への引っ越しです。

 

物件そのものが子育てに優しいところもあるため、子どもが多く理解のある団地などを選ぶことができます。

 

一方、高齢者となってくるとバリアフリーに特化した物件への住み替えが理想になります。

 

地方自治体がお金を出して援助してくれるところもあるので、引っ越し先の地域はどのような制度になっているのかを調べておくと良いでしょう。

 

このように、年齢によって住み替えて暮らしやすいと思える環境は違ってきます。

 

どの人にも満遍なく良いという物件もありますが、自分にとって暮らしやすい環境が既に整えられているなら、そこをみすみす逃すわけにはいきません。

 

大切なのは下調べで、ここは不動産会社に頼っても良いと思います。

 

40代で住み替えるなら、引っ越し先候補は多い

多くの場合、子育て世代でもなく高齢者でもない40代では、住み替えに適した場所は広範囲にあると言えます。

 

手間のかかる子どもも大きくなって自分のしたいことができる年代であり、仕事のキャリアも着実に上がってきたころです。

 

自分のことは自分ででき、それなりに忙しいものの身体の不安や子どもの面倒は一番少ない時期ではないでしょうか。

 

そうなると、住み替え先として選べるのは特に何かに特化したものでなくても大丈夫で、バリアフリーが必要だとか、子ども目線の間取りは必要ありません。

 

候補がたくさんあるというのはメリットですが、一方で子育て世代や高齢者に向けた支援が受けられないというのはデメリットになると思います。

 

稼ぎ時であるので収入が少ない世帯とみなされず、補助金が得られる制度は限られてくるでしょう。

 

50代以上なら、住み替え先はそろそろバリアフリーが良いかも

50代以上と言っても、まだまだ元気で介護というと親のことを思い浮かべる人も多いと思います。

 

しかし、この年代になると住み替えを行うなら既にバリアフリーの物件に目を付けておいた方が良いと思います。

 

何故なら、50代から買った物件を手放し、また新たに住宅ローンを支払っていく人は少ないからです。

 

つまり、それが人生最後の住処となる可能性が高いということです。

 

となれば、自分が年を取った時のことを考えてバリアフリーを最初にしておいた方が、後々リフォーム費用がかからなくて楽なのです。

 

後で手すりを付けるなどもできますが、段差をなくすなどの大掛かりなリフォームになってくると結構面倒だったりします。

 

住み替え時にこれを先にしておけば、以降いつリフォームしようなど考えず楽に過ごせるのではないかと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事