住み替え 高齢者 老後

MENU

高齢者の住替えは老後の生活を考慮して決めましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

高齢者の住み替えで押さえておきたいポイント2点
高齢者が住み替えを行うなら、今住んでいる物件が高値で売れるものなのか、そして買う物件がバリアフリー対応しているか、この2つが問題になります。

 

まずは売り物件となる今の家のことですが、高齢者が住んでいる家というのは数十年前に建てたものであることが多く、売れたとしても不動産的価値が低い場合が多いです。

 

その家というより土地が欲しいという人なら多くいるかもしれませんが。

 

だから得られるお金はそこまで期待できるものにはならないケースが多いです。

 

また、買う物件はヒートショックのない空調管理システムが整っていたり、玄関に段差がないこと、平屋で階段がない家であることが望ましいです。

 

家の中でも不便があると、なかなかリラックスして過ごせません。

 

よって、高齢者のための住み替えは少し時間がかかるものと思った方が良いように思います。

 

高齢者が住み替えをする時に押さえておきたいポイント
高齢者が住み替えを行うとなれば、それを子どもが手伝うことがあるかと思います。

 

この時、押さえておきたいポイントは、親が今より力がなくなり、普段の生活も大変になることを考えて物件選びをするということです。

 

親子が一緒に住んでいて親の生活に手助けができるとしても、自分のことは自分でしたいものです。

 

高齢者の一人暮らしならば、見逃しがちなのは雪かきの大変さです。

 

雪国なら特に、かなり足腰を使うこの大変な作業をできるだけ少なく済むような場所がベターと言えます。

 

屋根の形を変えるだけでそれが変わるので、不動産会社に相談する時には高齢者の住み替えだと伝えることが重要だと思います。

 

家の中のことばかりでなく、周辺環境も考えてスーパーや病院へ行きやすい立地条件を探してあげるのが良い親孝行でしょう。

 

老後の住まいは住み替えも選択肢に入れておこう
老後の住まいを考えるなら、新築を建てるのではなく住み替えという決断方法もあることを意識しておくのはどうでしょうか。

 

よく、リタイア後に子どもも巣立っているからと、こじんまりとしたら夫婦二人がのんびりと暮らせる注文住宅を頼む人がいます。

 

しかし、注文住宅のデメリットは家の完成までに時間がかかってしまうこと。

 

ならば、住み替えで今の家を売って老後の蓄えを得て、すぐに引っ越しできる物件へ移動する方が早いです。

 

家を取り壊してしまったら売ることはできなくなります。

 

今の家が売れるものなのか、不動産として価値のあるものなのかによって取り壊すかどうかは決まるでしょう。

 

その土地を移動したくないという希望があれば、住み替えは不必要ですしね。

 

色々な選択肢を持つことで、老後の生活は豊かになると思います。

 

老後の住み替え、考えておきたいのは空調設備と趣味のこと
老後の住まいを住み替えで買えるなら、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

 

長年仕事をしてきてリタイアしたのであれば、家にいる時間が長くなることが予想されます。

 

このことから、新居の空調設備は最新ものでそろえることをオススメします。

 

夏の昼間に家にいると、クーラーなしでは今の日本は暑すぎます。

 

以前なら休日以外は職場にいたからと涼しい環境だったかもしれませんが、それがなくなるとずっとクーラーをつけっぱなしということになります。

 

そうなると光熱費がバカになりません。

 

よって、最新の冷暖房器具で節約に特化しているものを選ぶ方が良いように感じます。

 

また、燃え尽き症候群になってしまわないよう、家でもできる趣味を見つけ、それを堪能できる趣味部屋を一つ用意しておくのもボケ防止を兼ねた一つの策です。

 

サービス付き高齢者向け住宅への住み替えはどうする?
サービス付き高齢者向け住宅へ住み替えを行う時、元の家はどうしても売却しなければいけないということもありません。

 

マイホーム借上げ制度というものがあり、これを使えば子育て世代に家を貸すことができます。

 

これによって安定した収入を高齢者が確保することができます。

 

核家族が多くなり、高齢者の一人暮らしも多くなりました。

 

このことから、程度を考えてサービス付き高齢者向け住宅への住み替えを早いうちから考えておくのは悪いことではないと思います。

 

本格的な介護が必要でなくとも、要介護認定を受けていなくても、ある程度のサービスが付いてくること、何より自分を気にかけてくれる人がすぐそばにいることが安心感に繋がります。

 

人気だと空きもなかなか出ないでしょうから、ちょっと早いくらいがちょうど良いのかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

住宅ローンに残債があっても、住み替えはできる?
住み替えに伴って仮住まいする場合、費用と住民票はどうする?
住み替えは補助金などのサポートを上手に利用することが大切!
住み替え時の税金に注意!特例や控除などの制度を忘れずに利用したい
住み替えのタイミングを極める!スムーズに住み替えするために
60代の住み替えで定年後のセカンドライフの質が決まる!
マンションの住み替えで損しないポイントと注意点
urからurへの住み替えはメリットだらけだった?
注文住宅に住み替える際に気をつけたいこととは?
アパートへ住み替えを行う際の注意点をまとめました。
ヘーベルハウスなどハウスメーカーの住み替えがお得らしい
空き家や中古の家へ住み替えする際のポイント
住み替えの方法は意外とシンプルだった!
野村不動産の買取保証が住み替えをスムーズにしてくれる?
住み替えのメリットとデメリットを解説致します!
住み替えの注意点15!リスクを知ることで失敗は回避できる?
成功する住み替えとは?
住み替えの理由は様々だった。よくある理由は転勤?
住み替えで損をしないためには既に損した人から学べ?
住み替え失敗談から注意点を学びました。
住み替えで売却損が出ないようにするための注意点とは?
つなぎ融資を住み替えで使うメリットとデメリット