新築一戸建て 必要な物

MENU

必要なものはそろってますか?新築一戸建ては足らないものだらけ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

新築一戸建ての引渡し直後は、生活に必要なものは何もない状態です。

 

カーテンや電化製品などすぐ使うものは、あらかじめ手配が必要ですし、足りないものがすぐわかるよう、引っ越しの荷解きも迅速さが必要。

 

新生活、準備万端で迎えたい!

 

 

 

カーテンはとても重要です

内覧会が無事に終わったら、その状態で住宅は引渡しされます。

 

しかしそのままでは、あまりにも設備がそろっていなくて、このまま住もうと思っても住めないのが実際。

 

大きなものからこまごまとしたものまで、いろいろとそろえなくてはいけません。

 

まず必要なのがカーテン、レールも一緒につけてしまわないと意味がないですよ。

 

カーテンを購入する方法は、ハウスメーカーに依頼する、専門店に依頼する、量販店で買ってくるの3通りです。

 

値段はハウスメーカー、専門店、量販店の順に安くなりますし、安心感はその逆に高くなります。

 

安く上げるなら量販店で、レールの設置も自分たちでするのが一番、意外と簡単なのでおススメです。

 

こちらの記事→ 新築一戸建てカーテン選びは手間をかければその分安くなる!で詳しくご紹介していますが、カーテン選びに手間をかけることで、お金(費用)を減らし、理想的な部屋に仕上げることができることは間違いありません。

 

価格以前の問題ですが、必ずカーテンの手配はしてください。

 

カーテンを付け忘れた人を知っていますが窓の形が特殊だったのと、もともと凝り性だったのもたたって、届いたのが2週間後。

 

カーテンが届くまでの間、朝は強烈な夏の日差しに起こされ、外出から帰ると炎天下のごとき室内温度とひどい目にあったようです。

 

周りに家はなかったからよかったものの、プライバシーも何もない状態で2週間は非常につらかったとのことでした。

 

そしてカーテン選びと同じくらい悩むのは、家具選びです。

 

家具選びは、デザイン、カラー、使い勝手、素材などなど、考えなければいけないポイントが多々ありますから、それを1人で完璧にクリアするなんて、大変ですよ。

 

そういうときは、無理せず「先人の知恵に学べ!」です。

 

あの人気ユーチューバーのヒカキンさんが、IKEA、ニトリ、HOMESに行って家具選びをしてきた動画がありました!

 

↑ ↑ ↑
面白おかしく家具選びいついて学べると思います。

 

電化製品の設置には注意が必要

次に照明、これらはネットや量販店で購入して自分で取り付けると約半額で済んでしまいます。

 

シーリングライトやペンダントライトなら工事は不要なので、自分で取り付けも可能でしょう。

 

またエアコン、ハウスメーカーに頼んでしまうと高いというイメージからか、後付けにするケースをよく聞きます。

 

6帖程度の量販タイプならば理解できますが、サイズが大きくなってくると、値段はそう変わらなくなるものです。

 

何より入居してすぐに使えるというメリットもありますので、一度ハウスメーカーにも相談をして見ましょう。

 

照明やエアコンの取り付けはプロに依頼するとして、購入は家主がおこなう施主支給という手もあります。

 

支給品の手配が遅れると工事の日程に影響をあたえますので、気を付けないといけません。

 

また、ハウスメーカーによってはできない場合や保証の適応外となる場合がありますので、確認が必要です。

 

そして注文住宅の失敗として、最も多いものが、コンセントの位置!

 

こちらの記事→ コンセントの配置場所だけじゃなく、設置する数にも注意!で書きましたが、コンセントの配置でミスると、せっかくの注文住宅が台無しですから。

 

無垢のフローリングに延長コードがビヨーン、、、なんてことになるのは、絶対に嫌です。

 

調理器具は大丈夫?そのフライパン、使えないかもしれません

新築だと、今はガスコンロ → 新居ではIHというパターンも多いでしょう。

 

その場合、鍋やフライパンを買い替える必要があるかもしれません。(事前にハウスメーカーさんから説明があるはずですが)

 

グレードにもよりますが、IH用の調理器具はそこそこのお値段になりますよね。

 

AEONで物色してみると、安いものでも@2,000円前後です。

 

個人的には、ネット通販などをうまく使って「セット買い」するのがオススメ。

 

フライパン、鍋・・・調理用具9点くらいがセットになって1万円前後で購入できるショップも多いので、バラで買うより効率的です。

 

引越してすぐにお料理はしないかもしれませんが、意外と忘れがちな物。

 

細かい部分ですが、新生活の予算として調理器具も計上しておくのをお忘れなく!

 

収納スペースは大丈夫?あったら便利な収納アイテム

賃貸物件の収納って、実は意外と侮れないものだったりします。

 

例えば我が家は大和ハウスの賃貸アパートなのですが、収納はかなり充実しているほう。

 

ウォークインクロ―ゼット、シューズクローゼット、パントリー、押し入れ×2、床下収納×2、クロ―ゼット×2・・・と、2LDKの物件でここまで収納たっぷりなのは助かります。

 

おかげで、部屋に出しておきたくない収納ケースやおもちゃ、ラグ、布団類は全てスッキリ収納できていたのですが、引越し先の新築マンションは今より収納が少なくなるんです。

 

新築の一軒家だとそんなことはあり得ないのかもしれませんが、アパート→マンションまたは建売物件への住み替えだとしたら収納スペースは少なくなる可能性もありますので注意が必要です。

 

収納スペースの数を把握するばかりではなく、作り付けの収納棚に入っている棚の仕切り板の数もチェックしておきましょう。

 

もしかしたら、棚板が少なくて思ったように物を収納できないかもしれません。

 

そんな場合は、無印良品の収納アイテムを活用した収納術を紹介するサイトも参考になるかと思いますのでチェックしておきますね。

 

⇒ folk「【無印良品】収納実例集☆リピーター続出の使える収納アイテム&アイデアとは?」

 

また、無印良品さんのインスタグラムを見るだけでも収納のセンスが磨かれると思います。

 

無印良品 公式インスタグラム

 

無印良品 公式インスタグラム
https://www.instagram.com/p/B2fjwHBhwtE/

 

こういった事例を参考にしつつ、「どんな収納グッズ」が「何個ずつ必要か」をノートにまとめてみましょう。

 

「なんとかなるさ」「テキトーでいいよ」と思っていると、無駄に買い過ぎたりして出費が増えてしまいます。

 

なにかとお金がかかる新築購入、少額な部分でも削れるところは削って節約しましょう。

 

何が足らないかの把握はすみやかに

意外と忘れてしまうのが表札や郵便ポストなど外構にともなうもの。

 

外構の工事は引渡し後になる場合がありますので、それまではポストのかわりになる箱などの用意が必要です。

 

また、表札は誰も手配していないというケースがよくありますので、確認が必要です。

 

新居となると用意するものが膨大なので忘れてしまうこともありがちです。

 

そんなことがないように、引越しの荷解きは早めに行い、不足の分はすぐに買いにいけるようにしておきましょう。

 

シバタ建設に学ぶ、オシャレな新築の家

新築の家でも、はじめから落ち着ける雰囲気が作れたらステキですよね。

 

先日、リビング静岡でステキなハウスメーカーさんが紹介されていたのでご紹介したいと思います。

(リビング静岡 2018年新春号より)

 

静岡県清水区にあるシバタ建設さんが目指しているのは、「暮らすほどに愛着の深まる家づくり」。

 

独自の技術を使い、住めば住むほど愛着がわく家を建てているそうです。

 

そして私が気に入ったのが、プロバンス風の住まいにこだわっていること。

 

アンティーク・レトロ・ビンテージの風合いを大切にしていて、新しく製造されたものにエージングをかけて、古めかしさを出しているんです。

 

また雰囲気がオシャレなだけでなく、強度も大切にしています。

 

シバタ建設さんの注文住宅に共通しているのが、自然素材を使った家づくり。

 

地震にも強い木造軸組工法という日本で古くから使われていた伝統工法を用いていて、通気性よし!日本の四季に合う家を実現しているそうです。

 

どんな家なの?気になりますよね。

 

それがこちら。

http://www.shibata-kensetsu.jp/case/antique/20160916

 

カフェスタイルのキッチン、欧風スタイルにとことんこだわったステキなお家です。

 

単に新しいだけではなく、私だけのオンリーワン!のおしゃれハウスを建てたい方は参考になると思いますよ!

 

【関連記事】
こちらの記事も、新築の注文住宅に入れる家具を検討する際に、お役に立てると思います!ご一読下さいませ(^^)
↓ ↓ ↓
カーテンもさすが県民共済住宅コストパフォーマンスは超高い

 

インテリアで個性が際立つ。注文住宅は失敗を恐れるな!

 

【まとめ】新居での生活を具体的にイメージしてリストアップ!

新築購入時は、支払いやら登記やら引越しの手続きやらでバタバタしがち。

 

うっかりしていて、引越し後に「アレがない」「コレもない」となりがちです。

 

買い忘れがちな「必要なもの」をチェックしてみましょう。

 

  • プライバシーを守る!カーテン&レール
  • エアコンなどの家電製品
  • ポスト
  • IH(またはコンロ)対応の調理器具
  • 収納アイテム

 

今の家から、新居に移ったら・・・と、腰を落ち着けて新しい暮らしを具体的にイメージしてみることが大事。

 

新生活をスムーズに始められるように、なおかつ余分な出費を抑えられるように。

 

必要なもの・足りないものはしっかり把握しておきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

20代で新築一戸建ては早すぎる?!いいえ、善は急げといいます
新築一戸建てには耳よりの話、住宅エコポイントがついに復活!
新築一戸建ての契約締!!見落としてはならない、注意すべき点はこれ
せっかくの新築一戸建て、けじめの一つとして地鎮祭はやるべきなの?!
面倒ですがもれなくおこないましょう!!新築一戸建てへ住所変更
通勤時間の短縮のため、よい立地の新築一戸建てはどこにある?
新築一戸建てを考える、平均年齢は30歳台、後押しを受けてイザ挑戦!
新築一戸建てに妥協は付き物、とはいえポイントには気をつけて!
母子家庭に新築一戸建てはムリ?全然そんなことはありません!
独身者の新築一戸建てがブーム?!ライフスタイルにピッタリの商品も
わからないことはプロにおまかせ、住宅診断で安心の新築一戸建て生活を!
新築マンション・新築一戸建て、どっちを選ぶかは大問題!
新築一戸建てへ入居前に、その準備はおおいそがし手際よく片づけよう!
売れ残りの新築一戸建ては値引きのチャンス、いつ切り出すかが勝負どころ
新築一戸建てに2世帯、メリットとデメリットが同居する家に!
新築一戸建てを購入するノウハウ、まず何から手を付けようか?
ネット銀行系のローンは審査も独特?新築一戸建て、気になる低金利ローン