Z空調 評判

MENU

Z空調の評判を読むと音がうるさくて乾燥するらしいし故障が怖い

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
桧家住宅のZ空調って何?その評判は良いのか

桧家住宅というハウスメーカーには、その売りの一つである「Z空調」という空調システムがあります。

 

空調システムなので、当たり前ですが夏に涼しく冬に暖かくなるという効果が期待できます。

 

この評判を見てみると、導入した方が過ごしやすいという声がありました。

 

特に家が寒いという人は多いので、どちらかといえば冬のために備える商品ではないでしょうか。

 

2017年時点では、決算説明資料に2020年までに1万棟に導入していくという記載がありました。

 

そこまで推していく商品ということは、それだけ桧家住宅も自信があるのだと思います。

 

空調システムはあるとないとの差が日常生活で感じられにくいため、家を建てた後でやっぱり入れておいた方が良かったかなと感じる人も多くいました。

 

これ一つあれば年中快適というわけにはいきませんが、過ごしやすさは上がるでしょうね。

 

Z空調にすると家にどんな効果が得られる?

Z空調は、呼び方は「ゼックウチョウ」になり、ヒノキヤグループが建物の断熱・気密を協立エアテックが換気を、そしてダイキンが空調を担当するという、各自の得意分野を活かした新時代冷暖システムです。

 

苦手な場所を担当しないという方法のため、各社が力を結集した効果が得られるのがメリットですね。

 

Z空調では、1階は寒いのに2階は暑いといった家の中の温度格差をなくしてくれます。

 

家全体を一緒の温度に設定するという空調システムは既にありますが、Z空調はそれぞれのフロアごとに温度設定ができるのが特徴です。

 

よって、夏に熱がこもってしまう2階を涼しくしたり、冬に底冷えする1階を暖かくすることができます。

 

これなら余計な電力を消耗しないので効率的にエネルギーを使えると思いますね。

 

部屋ごとの温度調節はできないので注意です。

 

もしZ空調が故障してしまったらどうなるのか

桧家住宅が売り出すZ空調ですが、もし故障したらどうなるのでしょうか。

 

エアコンのように各部屋についているわけではないため、もし故障した場合にはそのフロアの空調がなくなってしまうという記述を見つけました。

 

フロアごとに温度調節ができるのでどこかのフロアが生きていれば良いですが、全部が壊れてしまったらその時期によっては地獄となってしまいますね。

 

だからこそメンテナンスが重要になってくるとも言えます。

 

Z空調を取り入れた人で後悔している人は、故障もするだろうし、そもそも取り入れたのに家がすごく寒くて意味がないと書いてあったりします。

 

デメリットが多すぎるという判断をしている人もいるので、良いか悪いかは導入後に全てがわかるのでしょう。

 

特に故障というマイナスなことは営業マンもあまり言えないのだと思います。

 

Z空調はうるさい?一部の口コミでは眠れないという声が

家全体の温度管理がフロアごとにできて、花粉などを排除してくれ、しかも電気代がお得という良いところしかなさそうなZ空調ですが、一部にはうるさいという声もあります。

 

とにかくZ空調にはデメリットしかないと言っている人で、うるさいということも強調していました。

 

廊下の天井に設置してあるようで、オートで動かしていると眠れないくらいうるさい、と。

 

寝られないというのは致命的なので、そうであれば取り入れる人はいないでしょう。

 

それ以外の情報ではうるさいという記述はあまり見られませんでしたが、売り手と買い手の意見は常にわかれるのは仕方のないことなのかなとも思いました。

 

人によっても音に敏感な人もいるでしょうし、これは静かな環境で実際にZ空調の音を聞くべきだと思います。

 

モデルハウスが頼みの綱でしょうか。

 

乾燥しやすいのがZ空調のデメリット。対策方法は?

桧家住宅のZ空調のデメリットとなるのが乾燥です。

 

公式サイトには、見えないところも除湿できるとありますが、それを逆手にとれば乾燥しやすいということになります。

 

実際にZ空調を使っている人によれば、リビングでは湿度が50%を超えることはないといいます。

 

梅雨は夏の時期には快適でカビも防げて大変嬉しいのですが、冬となるとウイルスが繁殖しやすくなるので加湿対策が必要かもしれませんね。

 

加湿器も有効ではありますが、部屋の一部だけを加湿するのではあまり効果的とは言えないので、置く場所を増やすか性能の良い加湿器を取り入れる方が良いと思います。

 

この辺りのことは本来なら担当者が教えてくれるはずなので、メリットだけでなくあえて聞きにくいデメリットも積極的に聞くようにすれば、購入後の後悔はしないでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事