桧家住宅 住宅ローン

MENU

桧家住宅は住宅ローンもしっかりサポート!未来を見据えて、慎重に。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

住宅ローンの不安は桧家住宅に解消してもらおう

家を一括で買う人は稀なので、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになります。

 

桧家住宅ではローンのサポートもしっかり行ってくれるので、わからない点があれば建築のこと以外でも積極的に聞いておきましょう。

 

住宅ローンは、返済が早ければ早いほど利息が少なくなるので支払い総額は安くなります。

 

しかし、そんなにまとまったお金を早くに用意できないという場合はその選択肢すら選べません。

 

利息から支払っていく方法だと、いつまで経っても本体の支払いが終えられないので、まずは家にかかったお金から支払うというシステムが良いと思います。

 

そして後から利息を支払って行けば、ゴールも見えてくるでしょう。

 

35年など、長い道のりにはなりますが、途中で自分に合ったローンへと変更しつつ行けば無理なく返済できると思います。

 

つなぎ融資とは?桧家住宅も導入しているの?

家を建てるのであれば、そのためのお金を十分に用意してからでないと苦しい、なんてことはよく聞くと思います。

 

しかし、実際にはそれだけの額を貯金しておくのは難しく、家を建てるタイミングを考えるとそこまで多くの貯金がある世代ばかりでもありません。

 

ここで便利になってくるのが「つなぎ融資」です。

 

桧家住宅でも導入しているシステムなので、ここは問題ないでしょう。

 

住宅ローンというのは家を建ててからの話ですが、家を建てる前に足りないお金を補ってくれるのがつなぎ融資となります。

 

名前の通り、家を建てるまでの間をつないでくれるわけですね。

 

ハウスメーカーには、契約金として100万円ほど必要である場合があるので、その時に頼れるシステムだと思います。

 

個人的には頭金くらいは用意してから家を建てたいなと思いますけどね。

 

桧家住宅の家をフラット35を活用して購入する

住宅ローンの話になった時、フラット35という言葉はよく出てきます。

 

これは、最長35年間金利が一定という特徴を持っています。

 

桧家住宅で家を建てた場合にも採用してみたはどうでしょうか。

 

フラット35のメリットは金利が一定というところだけではありません。

 

年収の9倍近くまで借りられるという太っ腹な制度が利用できることや、正社員でなくても、年収が300万円行かなくても話ができるということです。

 

しかし、デメリットは建物価格の全額融資はしてくれないということになります。

 

ただ、最大90%の融資が受けられるというので、個人的には上記メリットを考えればそんなに悪い条件ではないように感じます。

 

注意点としては、これらフラット35の制度の内容はこの記事を読んでいる時に変わっているかもしれないので、その都度確認をお願いしますね。

 

住宅ローン審査に通ってから桧家住宅と契約という流れ

山陰の桧家住宅のブログでは、スタッフさんが住宅ローン審査のことについて少し記載をしていました。

 

住宅ローンを組むのが初めてという方がほとんどであるため、不安になっている人も多いことでしょう。

 

しかし、もし住宅ローン審査に通らなかったら、契約後にどうしたら良いのだろうと思う必要はありません。

 

何故なら、桧家住宅と契約をするのは住宅ローンの事前審査に通ってからだからです。

 

よって、審査に通らなければ契約はそもそもできません。

 

これは考えてみたら当たり前で、そうしないハウスメーカーはもはや詐欺ではと思います。

 

金銭が絡むことはいつもより慎重に進めなければならないため、担当者に頼りつつ、自分でもネットなどを使って調べておくことをおすすめします。

 

その方が安心感が違うと思いますし、納得して話を進められるでしょう。

 

住宅ローン、私なら事前に月々の支払額を決めておく

家を買うなら、そこから先35年などの期間をかけて住宅ローンを支払い続けていく覚悟を持つ必要があります。

 

桧家住宅は比較的安価な住宅を提供してくれているとは言え、規格住宅に近い家であってもやはり住宅となると相当な額となってしまいます。

 

私なら、住宅ローンを太陽光発電システムを利用して返済するなどということは考えず、将来も今の給料の8割をもらえるとして計算した予算を先に担当者に伝えておきたいです。

 

そこから更に話を煮詰めて、具体的に月々どれくらいの支払いをするのかを計算して出した答えの中で家を建てたいのです。

 

こうすれば、理想の家のプランが完成してから支払いに困るなんてことはないはずです。

 

一生に一度の大きな買い物になると思うので、ここは神経質すぎるくらいでちょうど良いのかなと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事