桧家住宅 リフォーム 評判

MENU

桧家住宅のリフォームはお家の「困った」を解決する提案力が評判

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

桧家リフォーミングが行うリフォームの評判は?

桧家住宅の家をリフォームしたいとなると、桧家住宅系列の「桧家リフォーミング」が相談に乗ってくれます。

 

桧家リフォーミング
https://www.hinokiya-reforming.jp/

 

ここの公式サイトによれば、家は10年ごとにリフォームが必要になってくると書かれており、リフォーム費用を用意しておかなくてはならないことを思い出させてくれます。

 

桧家リフォーミングの評判の中で特に良いのは、記載以上の金額がかからないということです。

 

やはりリフォーム時に気になるのは値段で、見積もりよりも高くなったら嫌だなと思うのは誰しも同じでしょう。

 

桧家リフォーミングでは標準工事がすべて含まれているということで、ここに安心感があります。

 

家を建てて10年経ち、耐久性をアップさせるために必要に迫られて行うリフォームだけでなく、Z空調を付けるなどの快適性アップのためのリフォームもあるのが特徴です。

 

桧家リフォーミング曰く、外壁のリフォームは10年ごとに必要

桧家住宅のうちリフォーム担当と言えば、桧家リフォーミングです。

 

桧家リフォーミング曰く、家の外壁リフォームは10年ごとに必要になるということです。

 

具体的に外壁のリフォームでは何をするかというと、劣化してしまったところを直す作業となります。

 

雨風や太陽光にずっとさらされている箇所ですから、汚れや色落ち、剥離などがあればそれらをさらに10年もたせるために修繕します。

 

これらに強いウレタン製の塗布材を使用しているのが特徴です。

 

それでもやはり10年をめどに外壁リフォームは必要というのですから、異変を感じなくても頻繁にチェックしてもらう必要がありそうですね。

 

メンテナンス費用がかかりにくいタイルを外壁材として使えば10年以上何もしなくても大丈夫かなと思うので、ここは財布と担当者に要相談です。

 

屋根のリフォームは桧家住宅の定期点検時にも相談しておこう

桧家グループの中にある桧家リフォーミングでは、住宅のリフォームを行っています。

 

桧家住宅で家を建てたら、リフォームはここに任せると良いでしょう。

 

見てみると、水回りまるごとパックやトイレまるごとパックといったリフォームはあるのですが、意外と屋根に関するリフォームの情報はありません。

 

桧家リフォーミング 部位別リフォーム
https://www.hinokiya-reforming.jp/

 

「屋根塗装 or 漆喰上塗り (屋根材によって対応が変わります)」と書かれていることから、リフォームできないということはないようですね。

 

桧家住宅が使っている屋根は軽く、地震に強いと言われますが、強度を確かめてもらうためにもチェックは定期的に行った方が良いでしょう。

 

素人が見てもわかりにくい箇所ですし、2階や3階部分であれば近くで見ることすらできませんからね。

 

定期点検時に相談するのが最良だと思います。

 

桧家住宅の家のリフォームで注意すべき点とは

桧家住宅で建てた家をリフォームするのであれば、注意点はその時期を見誤らないことです。

 

会社が言ってくれるとは思いますが、外壁塗装をした後すぐに屋根のリフォームをするなんてことになれば、足場を組む手間が2倍になってしまいます。

 

その分コストもかかってしまうわけなので、とても非効率的と言えるでしょう。

 

どこかのリフォームをしたいと思うのであれば、その周りも大丈夫かを見てもらうと良いでしょう。

 

実際にリフォームするかどうかは別にして、見てもらうだけなら相手次第で無料で済ませてくれるかもしれません。

 

家を建ててから10年間は無料点検があるので、心配な箇所があるならその時に一言声をかけるのが良いと思います。

 

頻繁に人が家に来ると予定を空けなければいけないので、このことからもリフォームはできればまとめて行いたいものです。

 

私なら、桧家住宅の家のリフォーム時期を熟考したい

外壁は10年ごとにリフォームが必要とする桧家住宅ですが、私なら少々その期間を延長できないか相談したいです。

 

例えば外壁をサイディングにしたという家があっても、実際には15年以上そのままで問題なく、劣化も見られないという事例は多くあります。

 

メンテナンスは念のために早く行うことが大切とは言われていますが、費用を見るとあまり頻繁に行いたいとは思えないものです。

 

しかし、10年後に有償メンテナンスを受けることで保証期間が延びるのであれば、これはリフォームのタイミングを決められているようなものなのでそれも難しそうですね。

 

延長した保証が終了する20年後にどうするか、ここからがリフォーム頻度を自分たちで考えられる時期になるでしょう。

 

無料点検だけ受けて、その結果次第でリフォームをいつするかを決めたいです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事