エネファーム 節約できるのか

MENU

エネファームで節約できるの?日々の暮らし方で気を付けるべきポイントとは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

本当に節約できるの?エネファームは導入すべきか

光熱費削減に効果があると言われているエネファームですが、実際のところ節約できるのかは気になるところです。

 

おそらく前に住んでいた家と比べると光熱費は効率的なエネルギー消費によってかなり安くなると思われますが、問題は初期費用と買い替え費用なのです。

 

エネファームもピンキリではありますが、最初の設置費用にかかる金額を確保しておくのは絶対条件となります。

 

この時には補助金が出るのでありがたいのですが、買い替え時には新規導入ではないため2回目以降の補助金は期待できません。

 

となると、それを繰り返していった時にプラマイゼロ、もしくは損をしていることにはならないのかが問題になってきます。

 

これについてはうちはお得になったと言う人もいますし、買って後悔した、損にしかならないと辛口コメントをしている人もいます。

 

エネファームと相性が良い節約方法を知っておこう

せっかく光熱費がお得になるエネファームを導入するのであれば、その仕組みを知った節約方法も取り入れたいですよね。

 

そうすることによってより安く、お得になります。

 

エネファームは、太陽光発電システムと床暖房と非常に相性が良いです。

 

太陽光発電と併用すれば、売電できる電気がより多くなって収入に繋がりますし、発電時に発生する熱を温水式床暖房に回せば床暖房という新しい設備も稼働できるようになるからです。

 

発電能力を他の設備と合わせることで伸ばしたり、熱を捨ててしまわないように利用できる設備を設置するのは上手な節約方法だと思います。

 

節約というと、こまめに電気を消したりといった面倒くさい小さいことを思い浮かべる人も多いと思いますが、これなら毎日特に気にすることなく過ごせて快適ではないでしょうか。

 

2つの節約術、エネファームならどちらを取るべきか

商品によって多少異なるのですが、エネファームを取り入れたらお湯を沸かす時に2通りの考え方があります。

 

1つは、エネファームには学習機能が付いているので、それを利用して家族がお風呂に入る時間帯を覚えさせ、お風呂に入る直前にお湯を沸かせる方法です。

 

リモコンが、お湯を使ってくださいと表示したり声で気づかせてくれます。

 

これなら追い焚きなどせずとも熱いお湯が使えますよね。

 

一方、2つ目の考え方は、安い深夜電力を使って給湯タンクにお湯を貯めておき、お風呂に入る時に温めなおすという方法です。

 

電気が安い時間帯に自動でお湯を沸かせますが、温めなおす工程にどこまでお金がかかるかがこの2つの考え方の問題点となりますね。

 

どちらの節約術もアリだと思いますが、どちらがより安いかは私ならプロにお任せしたいです。

 

エネファームでガス代の節約を行いたいなら

エネファームは、オール電化で進化している家と逆らうようにしてガスを利用している設備です。

 

しかし、それによって光熱費が節約できるところが魅力であり、国も補助金を出しています。

 

ガスを使うならガス代がかかってきますが、節約をして少しでも安く抑えたいなら、ポイントはお風呂の追い焚き回数を減らすことや、給湯の温度を下げること、床暖房を設置しているなら、その設定温度も下げることです。

 

これらはエネファームの仕事になっているので、その負担を減らしてあげることでガス代が安くなります。

 

また、エアコンと一緒で意外とこまめに電源をオフにするよりは、ある程度付けておいた方が良いということもあるので床暖房は思い切り部屋が寒くなる時に何度も付けるのはダメかもしれませんね。

 

その分負荷がかかってしまいます。

 

マンションでもエネファーム生活を!節約するならまずは学ぼう

サイズが小さくなり、マンションにも設置可能になったエネファームで節約をするなら、気を付けるべきことは何でしょうか。

 

基本的にはやはり電気やガスをできるだけ使わないというのが良いのでしょうけれど、エネファームはガスで電気を作った際に熱が発生するので、その分まで節約すると逆に利用できるエネルギーを捨ててしまっていることになってもったいないです。

 

エネルギーの見える化は多くのスマートハウスでも行われているので、スマホなどでエネルギーをどのように使っているかを確認することが節約の第一歩だと思います。

 

特に最初はエネファームも学習機能を向上させていく途中になるので、効率的な使い方をマスターしていくために何にエネルギーを使い、何に使っていないのか、それを把握することが大切だと思います。

 

それがわかれば自分なりの節約箇所が見えてきます。

 

エネファームに頼らない自分たちでできる光熱費の節約方法

エネファームを導入すれば、光熱費が節約できてお得だという売り文句はよく聞きます。

 

メリットがないとどんな設備だって導入してもらえませんから、エネファームはここが最大の魅力だと言えるでしょう。

 

ただ、エネファームに頼るだけでは節約が十分でないと感じる場合には、私たちにもできることがあります。

 

これは一般的な方法で、むやみにお風呂の追い焚き機能を使わないなど、エネファームを設置していない家庭と変わりません。

 

もし追い焚き機能を使う回数を減らすなら、できるだけ家族全員が一緒の時間帯にお風呂に入ることが望ましいですよね。

 

それが無理な場合なら、あらかじめ浴槽を魔法瓶のように保温してくれる性能の良いものを選んでおくべきです。

 

節約には、最初の設備選択が大事になってくることが多いように感じます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事