注文住宅 二世帯 間取り ポイント

MENU

長く住み続けるという考えが二世帯住宅、特に注文住宅の間取り決めのポイント

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

二世帯住宅の間取りを考える上でのポイントは、共有スペースをどうするか。

 

そこは注文住宅ですから、何とでもなるとは思うのですが、次に考えるべきポイントは、長くその間取りに住み続けるということ。

 

二世帯で融通を効かなくしてしまうと、長く住むことが難しくなるのです。

 

間取りのポイントを考える前に?

一口に二世帯住宅といっても、完全共有にするのか、一部共有にするのか、完全分離にするのか。

 

まず、どのような同居のスタイルを取るのか?まずは、ここから考えなくてはいけません。

 

これは二世帯同居の場合のプライバシーをどう考えるのか、というのと同じこと。

 

お互いの世帯の距離感をどうするのか?という問題です。

 

お互いの干渉をできるだけ少なくしたい、そう考えるならば、完全分離になるのですが、これを注文住宅で考えるとコストがかかりすぎる。

 

例えば、建売住宅やマンションを2件続きで購入したほうが、安上がりだったりするのです。

 

ならば、プライバシーの点については目をつぶる、というかお互いにコミュニケーションは密に取りたい。

 

そう考えるなら完全共有となりますが、こうなると、互いの世帯の生活サイクルが重なってしまうと最悪。

 

「風呂に入りたい時間に、入れない」、「リビングにいつも誰かいる」

 

考えようによっては、これはかなりのストレスです。

 

注文住宅のメリットを活かして

ならば、せっかくの注文住宅なのですから、間取りを工夫すればいいのです。

 

ポイントは、どのスペースを共有にして、どのスペースを独立にするのか?という問題。

 

コスト面から考えるならば、共有にすべきは水周り。

 

配管などの手間がかかりますから、水周りの数を増やすことは、コストが跳ね上がる原因になるのです。

 

プライバシー面から考えるならば、ポイントはリビング。

 

くつろぐべき場所に、いつも親世帯もしくは子世帯がいるというのは、楽しいものではあるのですが、プライバシーという点では難点があります。

 

しかし、そこは注文住宅、間取りはどうとでもなるのです。

 

どんな部分を大切にしたいかというポイントを抑えた、間取りを考えるのに時間をかけるべきでしょう。

 

同じ間取りに住み続けるということ

さて間取りにこだわって、二世帯同居住宅を建てたまではいいでしょう。

 

しかし、この家に例えば50年という長い期間住むことを忘れてはいけません。

 

これが、次の大きなポイントとなってきます。

 

親世帯・子世帯のために建てた注文住宅、あまり凝った間取りにしてしまうと、次の世代で利用する際の融通が効かない。

 

そんなことになりがちです。

 

今や、新築住宅は100年持たせようと考えるのが普通の時代。

 

ならば、100年先を見据えた家造り、間取り作りというのがポイントになってきます。

 

例えば、将来的に賃貸に利用する、完全分離型の二世帯住宅を建てておけば、こんな展望が考えられる。

 

こだわった間取りで共有スペースを考えて注文住宅を建てると、大改修が必要となってくるのです。

 

将来を考える、これもこれからの二世帯住宅には必要なポイントとなってくるのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

制限の多い3階建の間取りで、注文住宅らしい斬新な二世帯を考える
注文住宅で二世帯を考えるなら間取りの妥協点を探るのがおすすめ
間取りにコダワリすぎる注文住宅の落とし穴!二世帯住宅に注意
注文住宅の間取りで特に二世帯で暮らす上で参考になる本
二世帯の注文住宅で、まず検討すべきはミニキッチンのある間取り
間取りを考える段階で散々もめることが、二世帯同居の注文住宅成功のコツ?
二世帯同居に必要なのは新築の注文住宅?それとも間取りのリフォーム?
二世帯の注文住宅を建てるメリットは、介護を踏まえた間取りにできること
左右に完全分離した二世帯住宅した注文住宅の間取りにもデメリットが?
玄関共有の間取りで、できるだけ分離した注文住宅の二世帯同居を希望
玄関別の間取りこそ二世帯・注文住宅の理想の形!
注文住宅ならでは!間取りの工夫で二世帯が過ごしやすい家を
二世帯の間取りをより自由にするための三階建て注文住宅
理想の二世帯同居、注文住宅なら縦割りの間取りが希望です。
二世帯の交流をスムーズにする吹き抜けのある間取りは注文住宅ならでは
二世帯同居が成功する注文住宅の間取りとは
注文住宅ならではの二世帯向き中庭がある間取り
土間を中心に二世帯が集う注文住宅の間取り
東玄関の間取り制限を活かした二世帯の注文住宅をイメージ
風水対応の二世帯の間取りは注文住宅でもやっぱり難しい
平屋で二世帯の注文住宅が理想です。現実的な間取りは?
共用スペースが多い二世帯注文住宅の間取り作りのカギ
二世帯同居の注文住宅で理想の間取りは完全分離タイプ
二世帯の注文住宅、間取り上尊重すべき人は誰?
注文住宅なら融合型の二世帯住宅でも、将来を意識した間取りで建てる