注文住宅 二世帯 間取り 工夫

MENU

注文住宅ならでは!間取りの工夫で二世帯が過ごしやすい家を

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

二世帯住宅に付き物の世帯間の衝突。

 

注文住宅ならではの間取りの工夫で、その衝突を防ぎましょう。

 

まず考えるべきは、二世帯の音の問題。これも間取りの工夫で可能な限り減らすことができるもの。

 

間取りの工夫こそが、注文住宅の最大のメリットなのですから。

 

間取りの工夫で、軋轢を避ける

何かとメリットが大きな二世帯住宅ですが、もちろんデメリットも大きなもの。

 

年齢も生活リズムも別々の二世帯が一緒に住むのです。

 

デメリットがないわけがありません。

 

しかし、そこは注文住宅、間取りの工夫1つでいらない衝突を避ける方法を取るべきです。

 

二世帯住宅を成功させるコツは、お互いの世帯の干渉を可能な限り減らすこと。

 

お互いのプライバシーを守ることです。

 

気配も何もかも消してしまう!といってしまうと大げさに聞こえるのですが、これが理想。

 

お互いに軋轢を生まない方法なのです。

 

ですから、理想は左右に二世帯を分離した、玄関まで分かれている間取りなのですが、、、。

 

予算的にも厳しいというのが普通でしょう。

 

そこで、上下分離の二世帯住宅を選ぶということになります。

 

生活エリアを対角線上に配置すること

上下に二世帯を同居させて、お互いの気配を消すにはどうすればいいか?

 

まず考えるべきは、生活音を響かないようにすること。

 

そのためには、家の構造にも気を配らなくてはなりませんが、重要になるのは間取り。

 

1階と2階、それぞれの世帯の生活スペースを工夫した配置した間取りにする必要があるのです。

 

音が出やすい2階のリビングは、1階の寝室の上は避ける。

 

避けるべきは、リビングだけではありません。

 

キッチンはもちろん、バスルームも避けるべきでしょう。

 

1階の間取り自体は、それほど工夫する必要はありません。

 

その上に来る2階の間取り、生活音を響かないようにするには、この工夫が必要となるのです。

 

音が響かない構造を選ぶこと

さて、二世帯住宅を考える場合には全ての設備を2つずつ。

 

これが理想ではあるのですが、なかなか予算的にそれはかなわないもの。

 

すると、何かの設備を共有することになることになる、こんな場合も間取りの工夫が必要。

 

音が出る設備、例えばバスルームは寝室と離す、間に別の部屋を入れましょう。

 

生活リズムが違うのです。

 

就寝中にシャワーを使われると、安眠の妨げになる、いらない衝突の原因となる。

 

このような、予想されるであろうトラブルは、注文住宅のメリットである間取りの自由度。

 

これを、充分に活用して、危険性を下げなくてはならないのです。

 

後は、家の構造を確認すること。

 

目ぼしい住宅メーカーが決まったら、音が響くかどうかについてのチェックをしましょう。

 

方法は簡単、モデルルームへ2人でいって、1階と2階に別れる。

 

2階でジャンプして、1階での音の響き具合をチェックするのです。

 

経験上このチェック、良い結果になるのはRC系の住宅メーカー、そして賃貸を数多く手がけている住宅メーカーです。

 

間取りも大切ですが、家の構造はそれ以上に大切と私は考えます

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

制限の多い3階建の間取りで、注文住宅らしい斬新な二世帯を考える
注文住宅で二世帯を考えるなら間取りの妥協点を探るのがおすすめ
間取りにコダワリすぎる注文住宅の落とし穴!二世帯住宅に注意
注文住宅の間取りで特に二世帯で暮らす上で参考になる本
長く住み続けるという考えが二世帯住宅、特に注文住宅の間取り決めのポイント
二世帯の注文住宅で、まず検討すべきはミニキッチンのある間取り
間取りを考える段階で散々もめることが、二世帯同居の注文住宅成功のコツ?
二世帯同居に必要なのは新築の注文住宅?それとも間取りのリフォーム?
二世帯の注文住宅を建てるメリットは、介護を踏まえた間取りにできること
左右に完全分離した二世帯住宅した注文住宅の間取りにもデメリットが?
玄関共有の間取りで、できるだけ分離した注文住宅の二世帯同居を希望
玄関別の間取りこそ二世帯・注文住宅の理想の形!
二世帯の間取りをより自由にするための三階建て注文住宅
理想の二世帯同居、注文住宅なら縦割りの間取りが希望です。
二世帯の交流をスムーズにする吹き抜けのある間取りは注文住宅ならでは
二世帯同居が成功する注文住宅の間取りとは
注文住宅ならではの二世帯向き中庭がある間取り
土間を中心に二世帯が集う注文住宅の間取り
東玄関の間取り制限を活かした二世帯の注文住宅をイメージ
風水対応の二世帯の間取りは注文住宅でもやっぱり難しい
平屋で二世帯の注文住宅が理想です。現実的な間取りは?
共用スペースが多い二世帯注文住宅の間取り作りのカギ
二世帯同居の注文住宅で理想の間取りは完全分離タイプ
二世帯の注文住宅、間取り上尊重すべき人は誰?
注文住宅なら融合型の二世帯住宅でも、将来を意識した間取りで建てる