注文住宅 二世帯 共用 間取り

MENU

共用スペースが多い二世帯注文住宅の間取り作りのカギ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

二世帯同居の注文住宅、制限が非常に多いので、間取りを考えるのも一苦労。

 

共用スペースが多い二世帯住宅、そんな条件でプライバシーを守るには、間取りで工夫するしかありません。

 

そこで頼りになるのは、注文住宅を数多くこなした営業マンなの経験です。

 

共用スペースが広くても、プライベートを守る方法

二世帯住宅が成功するかどうかは、どの程度の間取りを世帯間で共有するかにかかっています。

 

もちろん、共用スペースが多ければ多いほど、建築費は低くなりますが、高まるのはストレスです。

 

例えば子ども世帯が夜勤をしているなど、お互いの世帯の生活リズムが全く違うと考えましょう。

 

そんな条件で、風呂場を共用してしまうとお互いストレスなく風呂場を使うとなると、非常に難しいもの。

 

親世帯が寝付いたタイミングで風呂に入られるとなると、これは大きなストレスです。

 

ならば、親世帯の寝室と風呂場の距離を可能な限り離してやる。

 

こんな風な間取りを考えることで、ある程度の問題は解決します。

 

また、親世帯に来客が多いというケース。

 

その度に、リビングにお客を迎えていては、子ども世帯が全くくつろぐことができません。

 

ならば、親世帯の生活スペースに客間とミニキッチンをしつらえた間取りを考える。

 

これで、問題は解決するでしょうし、このようなことができるのが注文住宅のメリットです。

 

共用するスペースが全くない、完全分離型の間取りが二世帯住宅の理想、しかし、理想通りに事はまず運びません。

 

ならば、共用するスペースがあるのはしょうがないとして、それをどのように間取りで解決するか。

 

それが、住宅メーカーの知恵の出しどころ。

 

建築士の腕や、営業マンのアイデア・傾聴能力にかかってくるのです。

 

営業マンの果たす役割の大きさとは

注文住宅を建てる場合に、何を重要視するか?

 

そんなアンケートを取ってみると、営業マンとの相性といった回答が上位に来るはずです。

 

なぜなら、注文住宅を建てるのは住宅メーカーと施主側の共同作業というぐらい、コミュニケーションが重要なもの。

 

施主がいくら張り切っても、営業マンが動いてくれなければ、理想の注文住宅は建ちません。

 

それが、二世帯住宅とか共用スペースが多いとか、予算とか土地の広さだとか。

 

そんな制限が多ければ多いほど、営業マンのアイデアが重要になる。

 

もっというと、施主側の希望を聞き取る能力が大切になってくるのです。

 

二世帯住宅の制限はアイデアで乗り越える

間取りぐらい自分たちで考えることができる、そんなふうに思いがちですが、効率的な間取りとなると難しいもの。

 

そこで、プロのアドバイスなりアイデアが活きてきます。

 

可能ならば、経験豊富な営業マンの知恵が充分に活用したいもの。

 

特に二世帯住宅といった、間取りによっては大問題に発展するようなケースこそ、経験からのアドバイスが欲しいものです。

 

共用スペースをどうするかとか、間取りをどうするかとか、施主側の希望を上手く聞き出し、実際に落とし込める技術。

 

そんなところを営業マンには期待したいものですね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

制限の多い3階建の間取りで、注文住宅らしい斬新な二世帯を考える
注文住宅で二世帯を考えるなら間取りの妥協点を探るのがおすすめ
間取りにコダワリすぎる注文住宅の落とし穴!二世帯住宅に注意
注文住宅の間取りで特に二世帯で暮らす上で参考になる本
長く住み続けるという考えが二世帯住宅、特に注文住宅の間取り決めのポイント
二世帯の注文住宅で、まず検討すべきはミニキッチンのある間取り
間取りを考える段階で散々もめることが、二世帯同居の注文住宅成功のコツ?
二世帯同居に必要なのは新築の注文住宅?それとも間取りのリフォーム?
二世帯の注文住宅を建てるメリットは、介護を踏まえた間取りにできること
左右に完全分離した二世帯住宅した注文住宅の間取りにもデメリットが?
玄関共有の間取りで、できるだけ分離した注文住宅の二世帯同居を希望
玄関別の間取りこそ二世帯・注文住宅の理想の形!
注文住宅ならでは!間取りの工夫で二世帯が過ごしやすい家を
二世帯の間取りをより自由にするための三階建て注文住宅
理想の二世帯同居、注文住宅なら縦割りの間取りが希望です。
二世帯の交流をスムーズにする吹き抜けのある間取りは注文住宅ならでは
二世帯同居が成功する注文住宅の間取りとは
注文住宅ならではの二世帯向き中庭がある間取り
土間を中心に二世帯が集う注文住宅の間取り
東玄関の間取り制限を活かした二世帯の注文住宅をイメージ
風水対応の二世帯の間取りは注文住宅でもやっぱり難しい
平屋で二世帯の注文住宅が理想です。現実的な間取りは?
二世帯同居の注文住宅で理想の間取りは完全分離タイプ
二世帯の注文住宅、間取り上尊重すべき人は誰?
注文住宅なら融合型の二世帯住宅でも、将来を意識した間取りで建てる