注文住宅 二世帯 間取り 吹き抜け

MENU

二世帯の交流をスムーズにする吹き抜けのある間取りは注文住宅ならでは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

完全分離型の注文住宅がムリならば、あえて二世帯のコミュニケーションを重視した間取りにする。

 

二世帯同士の軋轢を防ごうという考え方で、検討すべきは吹き抜け。

 

吹き抜けがあれば、コミュニケーションを取りやすい、注文住宅ならではの間取りとなるのです。

 

完全分離型が、理想の間取りなのですが

二世帯の間取りは、完全分離型が理想。

 

それぞれの世帯がキッチンやバスルーム、リビング、玄関などを1つずつ所有すべき。

 

そんな風に主張してきました。

 

それぞれの世帯の光熱費も食費も別にすべきだし、お互いになるべく干渉すべきではない。

 

世帯同士がもめるであろう原因を、注文住宅の特性を活かし、あらかじめなくしておくのです。

 

しかし、現実は難しいもの。

 

二世帯それぞれが生活スペースを確保する、こんな間取りは土地や予算に相当の余裕がないとできないものなのです。

 

あえて世帯間のコミュニケーションを密にする

さらに現実は厳しいもので、予算の都合からお互いの共有スペースを分けるどころか、充分な生活スペースも取れない。

 

こんな二世帯住宅にならざるを得ないケースもよくあります。

 

そんな場合に間取りを考える場合にオススメしたいのが、デッドスペースを可能な限りなくすこと。

 

注文住宅らしく、自由な発想で、居住スペース以外のものを可能な限りなくしていくのです。

 

オススメは寝室などプライバシーが重要になるスペース以外の、壁や廊下を廃止してしまう間取り。

 

壁や廊下で暮らす、そんな人はいませんから、可能な限りなくしてしまって、少しでも居住スペースを広くなるような間取りにするのです。

 

二世帯の場合、互いに干渉しない間取りが理想ではあるのですが、間取り上ムリならば開き直る、こんな発想の転換も必要。

 

親世帯・子世帯の間のコミュニケーションも取らざるを得なくなりますし、それで不要な衝突もなくなる。

 

こう考えて、共有スペースなどのリビングにはドアを開けることなく、どこからでもアクセスできる間取りを考えてみましょう。

 

加えて、オススメなのが吹き抜けがある間取り。

 

吹き抜けは居住に関係のないデッドスペースなので省くべき、こんな風に考えがちですが、これも世帯間のコミュニケーションには重要。

 

1階と2階、こんな風に分かれがちな二世帯の生活スペースを緩やかにつなぐ役割を持っています。

 

普段から、二世帯が吹き抜けで緩やかにつながっていることで、起こりがちな世帯間の衝突を防ぐ、そんな間取りとなるのです。

 

広さを演出する効果がある、吹き抜け

デッドスペースである壁や廊下をはぶき、デッドスペースの吹き抜けを造る。

 

何だか矛盾しているようですが、注文住宅だからこそ考えられる間取り、広さを演出する間取りです。

 

視線を遮るものがないということは、心理的に広さを感じます。

 

壁がない、そして天井がない。

 

これで、限られた生活スペースを広く感じる効果があるのです。

 

加えて、二世帯住宅ならば世帯間のコミュニケーションがスムーズな間取りとなる。

 

壁がない、吹き抜けを造る、これらは注文住宅だからこそできる間取りです。

 

ぜひ検討してみて下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

制限の多い3階建の間取りで、注文住宅らしい斬新な二世帯を考える
注文住宅で二世帯を考えるなら間取りの妥協点を探るのがおすすめ
間取りにコダワリすぎる注文住宅の落とし穴!二世帯住宅に注意
注文住宅の間取りで特に二世帯で暮らす上で参考になる本
長く住み続けるという考えが二世帯住宅、特に注文住宅の間取り決めのポイント
二世帯の注文住宅で、まず検討すべきはミニキッチンのある間取り
間取りを考える段階で散々もめることが、二世帯同居の注文住宅成功のコツ?
二世帯同居に必要なのは新築の注文住宅?それとも間取りのリフォーム?
二世帯の注文住宅を建てるメリットは、介護を踏まえた間取りにできること
左右に完全分離した二世帯住宅した注文住宅の間取りにもデメリットが?
玄関共有の間取りで、できるだけ分離した注文住宅の二世帯同居を希望
玄関別の間取りこそ二世帯・注文住宅の理想の形!
注文住宅ならでは!間取りの工夫で二世帯が過ごしやすい家を
二世帯の間取りをより自由にするための三階建て注文住宅
理想の二世帯同居、注文住宅なら縦割りの間取りが希望です。
二世帯同居が成功する注文住宅の間取りとは
注文住宅ならではの二世帯向き中庭がある間取り
土間を中心に二世帯が集う注文住宅の間取り
東玄関の間取り制限を活かした二世帯の注文住宅をイメージ
風水対応の二世帯の間取りは注文住宅でもやっぱり難しい
平屋で二世帯の注文住宅が理想です。現実的な間取りは?
共用スペースが多い二世帯注文住宅の間取り作りのカギ
二世帯同居の注文住宅で理想の間取りは完全分離タイプ
二世帯の注文住宅、間取り上尊重すべき人は誰?
注文住宅なら融合型の二世帯住宅でも、将来を意識した間取りで建てる