注文住宅 二世帯 間取り 平屋

MENU

平屋で二世帯の注文住宅が理想です。現実的な間取りは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

平屋の二世帯同居型、注文住宅。これが理想なのですが、間取りによっては予算がかかりすぎる。

 

そこで注文住宅のメリットを活かし、間取りについては妥協が必要となってきます。

 

二世帯の平屋のプライベート感をどこで出すのかがポイントです。

 

理想的な平屋の二世帯住宅

二世帯住宅の理想は、平屋建て、それも、玄関まで2つある完全分離型。

 

何だったら隣接するマンション、2部屋でも良い、常々そんなことを思っています。

 

なぜ、平屋が良いのか?それは、バリアフリーを考える上で最悪の設備、階段が家の中にないから。

 

まだ、自身の体が思い通りに動く間は、バリアフリーのありがたみを感じたりはしないのです。

 

しかし、自身がもし車椅子生活になったら?家の中は障害物だらけ。

 

780mmという通常よくある廊下の幅ですら障害となるのです。

 

そこは、注文住宅のメリットを利用して廊下幅は930mm。

 

可能ならば1,008mmは欲しくなるもの、それに応じてトイレの大きさも、風呂場の大きさも拡大。

 

もちろん階段などはご法度になる、そんな風に考えていくと、理想の二世帯同居の注文住宅であり平屋建て。

 

まあ、大変な大豪邸となるに違いありません。

 

予算が際限なくかけられるのなら、素晴らしく住みやすい注文住宅が完成するでしょう。

 

ただ、それだけのことができる人が、世の中に数多くいるかどうかは、大きな疑問です。

 

現実的に間取りを考えるならば

もっと現実的に二世帯住宅を平屋で考えるならば、住宅設備は可能な限り共有、建築費も可能な限り抑える。

 

そんな間取りを考えることになります。

 

しかし、注意すべきは平屋建ては思っている以上に距離感が近いということ。

 

上下に世帯ごとに別れる二世帯住宅よりも、平屋で別れる二世帯住宅のほうが、間取りを考えるのが相当難しくなります。

 

予算上、風呂やキッチンを共有するのはしょうがないとしても、どうしても妥協できない点。

 

これについては、あらかじめよく相談しておかなくてはなりません。

 

例えば、リビングは二世帯分設けるとか、互いの世帯の寝室は可能な限り離すとか。

 

距離が違いというのは平屋のメリットですが、二世帯が住む場合は同時にデメリットにもなるもの。

 

せっかくの注文住宅です。

 

当然ながら、それを考慮した間取りにしなければならないのです。

 

中庭を囲む形の間取りを考える

親世帯と子世帯の生活スペースの間に中庭を置く、平屋ならばこんな間取りが特におすすめになります。

 

なぜなら、プライベートスペースが少ないというのが平屋のデメリット。

 

家の周りを壁で加工という手もありますが、それぐらいならば近所の視線も気にならないよう、道路に面した窓は省く。

 

中庭側に大きな窓を取るような間取りが、実は非常に現実的だったりするのです。

 

そして、解放感が得られるように天井は可能な限り高くする、これは注文住宅・一戸建ての大きなメリット。

 

マンションではなかなか難しいものです。

 

これらを満たした平屋の二世帯同居住宅、まあ結局、予算が大きなネックなのですが。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

制限の多い3階建の間取りで、注文住宅らしい斬新な二世帯を考える
注文住宅で二世帯を考えるなら間取りの妥協点を探るのがおすすめ
間取りにコダワリすぎる注文住宅の落とし穴!二世帯住宅に注意
注文住宅の間取りで特に二世帯で暮らす上で参考になる本
長く住み続けるという考えが二世帯住宅、特に注文住宅の間取り決めのポイント
二世帯の注文住宅で、まず検討すべきはミニキッチンのある間取り
間取りを考える段階で散々もめることが、二世帯同居の注文住宅成功のコツ?
二世帯同居に必要なのは新築の注文住宅?それとも間取りのリフォーム?
二世帯の注文住宅を建てるメリットは、介護を踏まえた間取りにできること
左右に完全分離した二世帯住宅した注文住宅の間取りにもデメリットが?
玄関共有の間取りで、できるだけ分離した注文住宅の二世帯同居を希望
玄関別の間取りこそ二世帯・注文住宅の理想の形!
注文住宅ならでは!間取りの工夫で二世帯が過ごしやすい家を
二世帯の間取りをより自由にするための三階建て注文住宅
理想の二世帯同居、注文住宅なら縦割りの間取りが希望です。
二世帯の交流をスムーズにする吹き抜けのある間取りは注文住宅ならでは
二世帯同居が成功する注文住宅の間取りとは
注文住宅ならではの二世帯向き中庭がある間取り
土間を中心に二世帯が集う注文住宅の間取り
東玄関の間取り制限を活かした二世帯の注文住宅をイメージ
風水対応の二世帯の間取りは注文住宅でもやっぱり難しい
共用スペースが多い二世帯注文住宅の間取り作りのカギ
二世帯同居の注文住宅で理想の間取りは完全分離タイプ
二世帯の注文住宅、間取り上尊重すべき人は誰?
注文住宅なら融合型の二世帯住宅でも、将来を意識した間取りで建てる