新築一戸建て 建築費用

MENU

一見複雑な建築費用、その内容をよく吟味してムダのない新築一戸建てを!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

新築一戸建て 建築費用

 

一見複雑な建築費用、その内容をよく吟味してムダのない新築一戸建てを!
一見複雑な建築費用、その内容をよく吟味してムダのない新築一戸建てを!

 

たくさんのお金が動く新築一戸建て。とりわけ建物の費用である建築費用は莫大なものです。莫大すぎて、どこに使いすぎたかわからなくなりがちですが、要素を検討していくとこにより、費用のバランスの良い一戸建てになります。

 

★建築費用を構成する3つの要素
家作りにかかる費用は、多くの要素が関係するので一見複雑にみえます。

 

しかし内容をみていくことにより、それぞれの要素は単純なことがわかります。

 

またそれぞれの割合の目安を知れば、どこにお金がかかりすぎか分析ができます。

 

つまり、合理的な家作りに役立つのです。

 

家作りにかかる代金は、建築費用と呼ばれ「本体工事費」、「別途工事費」、「諸費用」の3つでなりたちます。

 

このうち一番費用が掛かるのが本体工事費で建築費用の約80%をしめ、別途工事費と諸費用がそれぞれ10%ずつをしめます。

 

「本体工事費」とは文字通り、建物本体を建てるのにかかる経費のこと。

 

様々な大工仕事とキッチンや浴槽などの設備工事、冷暖房やガスなどの付帯工事が含まれます。

 

「別途工事費」とは、地質調査や地盤改良工事、外構、ガス工事、水道負担金、カーテンやブラインドのことです。

 

「諸費用」とは、不動産取得税や登記費用、ローン契約費用や火災保険料、地鎮祭、引っ越し代などのことです。

 

★設備工事費は建築費用の15%
本体工事費に含まれる設備工事費は建築費用全体の15%程度が目安です。

 

「設備工事費」とは給水や給湯、電気などの設備と設置する費用のことで、システムキッチンやユニットバスの代金も含まれます。

 

キッチンにこだわる奥さんや浴室はゆずれないというご主人は多いと思います。

 

家作りの総費用の15%を大きく上回るようでしたら、お金のかけすぎと考えられますので、もう一度見直してみる必要があるでしょう。

 

★別途工事費と諸費用の内訳は?
わかりにくいのは外構や地質調査、地盤改良工事、水道負担金などにかかる「別途工事費」です。

 

外構がカーポートやウッドデッキなどのことを指すのはわかりますが、地質調査や地盤改良工事とは、何でしょうか?

 

建設予定地の地盤が家を建てるのにふさわしいかどうか調べる、これが地質調査で7万円から20万円かかります。

 

その後地盤が柔らかすぎる、そんな場合は地盤改良工事が必要となり、さらに費用がかかります。

 

また水道負担金とは水道を利用するために負担する料金で自治体によって違い、3~40万円と大きな幅を持っています。

 

また、「諸費用」は各種税金を含んでいるので、ややこしそうに思えます。

 

その中にはハウスメーカーや工務店が、家を建設するのにかかった電話代やもうけが含まれています。

 

場合によっては、内訳がはっきりしない場合があります。

 

全体にしめる割合が10%を大きく上回るようでしたら、内容を確かめる必要があるかもしれませんね。

 

費用の項目ごとに分析しバランスの良い家作りを目指しましょう。

一見複雑な建築費用、その内容をよく吟味してムダのない新築一戸建てを!

たくさんのお金が動く新築一戸建て。

 

とりわけ建物の費用である建築費用は莫大なものです。

 

莫大すぎて、どこに使いすぎたかわからなくなりがちですが、要素を検討していくとこにより、費用のバランスの良い一戸建てになります。

建築費用を構成する3つの要素

家作りにかかる費用は、多くの要素が関係するので一見複雑にみえます。

 

しかし内容をみていくことにより、それぞれの要素は単純なことがわかります。

 

またそれぞれの割合の目安を知れば、どこにお金がかかりすぎか分析ができます。

 

つまり、合理的な家作りに役立つのです。

 

家作りにかかる代金は、建築費用と呼ばれ「本体工事費」、「別途工事費」、「諸費用」の3つでなりたちます。

 

このうち一番費用が掛かるのが本体工事費で建築費用の約80%をしめ、別途工事費と諸費用がそれぞれ10%ずつをしめます。

 

「本体工事費」とは文字通り、建物本体を建てるのにかかる経費のこと。

 

様々な大工仕事とキッチンや浴槽などの設備工事、冷暖房やガスなどの付帯工事が含まれます。

 

「別途工事費」とは、地質調査や地盤改良工事、外構、ガス工事、水道負担金、カーテンやブラインドのことです。

 

「諸費用」とは、不動産取得税や登記費用、ローン契約費用や火災保険料、地鎮祭、引っ越し代などのことです。

 

設備工事費は建築費用の15%

本体工事費に含まれる設備工事費は建築費用全体の15%程度が目安です。

 

「設備工事費」とは給水や給湯、電気などの設備と設置する費用のことで、システムキッチンやユニットバスの代金も含まれます。

 

キッチンにこだわる奥さんや浴室はゆずれないというご主人は多いと思います。

 

家作りの総費用の15%を大きく上回るようでしたら、お金のかけすぎと考えられますので、もう一度見直してみる必要があるでしょう。

 

別途工事費と諸費用の内訳は?

わかりにくいのは外構や地質調査、地盤改良工事、水道負担金などにかかる「別途工事費」です。

 

外構がカーポートやウッドデッキなどのことを指すのはわかりますが、地質調査や地盤改良工事とは、何でしょうか?

 

建設予定地の地盤が家を建てるのにふさわしいかどうか調べる、これが地質調査で7万円から20万円かかります。

 

その後地盤が柔らかすぎる、そんな場合は地盤改良工事が必要となり、さらに費用がかかります。

 

また水道負担金とは水道を利用するために負担する料金で自治体によって違い、3~40万円と大きな幅を持っています。

 

また、「諸費用」は各種税金を含んでいるので、ややこしそうに思えます。

 

その中にはハウスメーカーや工務店が、家を建設するのにかかった電話代やもうけが含まれています。

 

場合によっては、内訳がはっきりしない場合があります。

 

全体にしめる割合が10%を大きく上回るようでしたら、内容を確かめる必要があるかもしれませんね。

 

費用の項目ごとに分析しバランスの良い家作りを目指しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

ローンの十分条件、頭金。余裕を持つには必要なのに…
ローンを組んで、夢の新築一戸建て!でも、その前に審査が必須
最安値を競うハウスメーカー、新築一戸建ての近道は?
住み続けているとかかる?新築一戸建ての維持費は、意外と高額
現実的な月々の返済額は?生活を圧迫しない新築一戸建て購入計画
予算立てには有効?新築一戸建ての坪単価、その相場を知ろう
新築一戸建て、少しでも安くと考えるなら、値引き交渉前にすることが!
新築一戸建てをローンで購入したら、どうやって返していくのが正しいの?
年収に応じた、適当な新築一戸建てとは?月割りで考え直してみよう
格安の新築一戸建てが欲しい、そんな気持ちを利用した販売には注意!
メーカーの努力の結晶?!低価格の新築一戸建てを考えてみる
新築一戸建て値引きは当然、ではなくてその前にしっかりした購入計画を!
現金購入、新築一戸建て!ゼロのリスクと、ほんの少しの注意点
わかりづらい見積りの要素を読む、見積りは新築一戸建ての設計図
予算オーバーしたらコストダウン、メリハリのある新築一戸建てを
高額な支払、複雑な手続き、あこがれの新築一戸建ては今そこに!
せっかくの新築一戸建て、売却するなら気になるのは、やっぱり相場
低金利の恩恵をフルローンで得るメリットとは?
建つ前に購入する建売り?!新築一戸建てのいろいろ
1,000万円台の新築一戸建ては、ローコストのハウスメーカーで
2,000万円台の新築一戸建ては、こだわりの部分を一点集中で
3,000万円台は新築一戸建てに充分な予算、過分なものはないか要チェック
4000万円代の新築一戸建てはパラダイス、でも無理は禁物!
5,000万円台の新築一戸建て、こだわりぬいたあなただけの1軒を
新築一戸建てで6,000万円台、ここまでくるとちょっと異次元
新築一戸建ての価格相場は?金額別どんな家が建つか、まとめ!
新築一戸建てのメリットデメリットとは?オプションと共働きローン
購入時期と引っ越し時の注意点!新築一戸建てで幸せになるために
10年保証は本当に安心?新築一戸建ての保険と保証事情に密着!
新築一戸建てを20代独身で建てても大丈夫?通勤時間も大切な要素
新築一戸建てに必要な諸費用はいつ、どれくらい必要?助成金と消費税
新築一戸建て注文住宅と建売住宅の違いってどのようなところ?
新築一戸建ての平屋で動きやすい間取りを考え中、、、
新築一戸建ての家の購入は住宅メーカー選びから始まる!
ピタットハウスで探した新築一戸建ての家ってどうですか?
新築一戸建てで失敗しないためには?欠陥住宅で一番多い箇所って?
新築一戸建てを注文住宅で建てるメリット・デメリット