新築一戸建て 低価格

MENU

メーカーの努力の結晶?!低価格の新築一戸建てを考えてみる

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

低価格の新築一戸建て、何かウラがあるはずと思ったあなたは大正解です。

 

しかし、そのウラはすべてが、買主の不利益に通じるものばかりではなく、むしろ歓迎すべきものもあるのです。

 

なんにしろ、低価格の一戸建てを望む人には良い時代にはなりました。

低価格は営業努力の証

デフレという言葉がしめす通り、低価格のトレンドは、住宅の世界でも無関係ではありません。

 

たとえば、汎用性の高い部材を大量に仕入れて材料費を削減、施工を可能な限り標準化して工期を削減。

 

間取りは自由に決められない、パターンの中から選ぶことにより、部材と作業を標準化し、コストを削減。

 

さらには、作図や見積もりなどの作業も営業マンがこなす、申込金を取りムダな商談も削るなどで人件費を削減。

 

このように、各メーカーは涙ぐましい努力を重ねて、低価格の住宅を提供しています。

 

最近では営業マンやモデルハウスを置かずインターネットで受け付けて、打ち合わせもメールでおこなう。

 

こんな販売方法の住宅が発表され。その常識をくつがえす販売方法と値段とで注目を集めました。

 

安かろう悪かろうは昔の話?

低価格の住宅を考えるならば、まずは坪単価の低さをうたっているメーカーを検討するべきでしょう。

 

そういったメーカーは、坪単価通りに建つかどうかは別として、ローコストへの努力はしているからです。

 

ローコストといえば安かろう悪かろう、欠陥住宅が多いのではないか?という心配がつきものです。

 

しかし新築の住宅には、売主は10年間の瑕疵担保責任を負わなくてはならないという法律があります。

 

少なくとも10年間でかたむくような家は作れないし、万が一の場合も補償を義務付けられているので、いい加減なものは売れません。

 

ですからローコストを売りにしているハウスメーカーで検討するのは正しいといえます。

 

ただし坪単価だけでは家は建ちません。

 

坪単価は建築費の目安にはなりますが、それに加えて設備工事費と諸費用がそれぞれ建築費用の10%程度ずつかかるからです。

 

必ず比較検討はおこないましょう

さらに建築費を安く設定するかわりに、設備工事費と諸費用を非常に高く設定しているところもあるのです。

 

ですから、検討途中にでてくる見積もりは1社だけではダメですし、建築費以外にかかる費用項目を一定にして検討しましょう。

 

また坪単価は建築費÷延床面積の場合と、施工面積の場合があります。

 

施工面積は、実際に居住する延べ床面積にバルコニーやポーチなど施工した部分すべてを加えた面積です。

 

これは坪単価を低く見せるテクニックとして、よく使われますので注意が必要です。

 

もちろん、坪単価だけで契約する人はいないでしょうが……。

 

低価格の住宅を探すのに、低価格を売りにしているハウスメーカーを選ぶのは大正解です。

 

ただ様々な経営努力と同時に、細かいテクニックを使ってくるので、必ず数社で見比べなくてはいけないということです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

注文住宅の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

ローンの十分条件、頭金。余裕を持つには必要なのに…
ローンを組んで、夢の新築一戸建て!でも、その前に審査が必須
最安値を競うハウスメーカー、新築一戸建ての近道は?
住み続けているとかかる?新築一戸建ての維持費は、意外と高額
現実的な月々の返済額は?生活を圧迫しない新築一戸建て購入計画
一見複雑な建築費用、その内容をよく吟味してムダのない新築一戸建てを!
予算立てには有効?新築一戸建ての坪単価、その相場を知ろう
新築一戸建て、少しでも安くと考えるなら、値引き交渉前にすることが!
新築一戸建てをローンで購入したら、どうやって返していくのが正しいの?
年収に応じた、適当な新築一戸建てとは?月割りで考え直してみよう
格安の新築一戸建てが欲しい、そんな気持ちを利用した販売には注意!
新築一戸建て値引きは当然、ではなくてその前にしっかりした購入計画を!
現金購入、新築一戸建て!ゼロのリスクと、ほんの少しの注意点
わかりづらい見積りの要素を読む、見積りは新築一戸建ての設計図
予算オーバーしたらコストダウン、メリハリのある新築一戸建てを
高額な支払、複雑な手続き、あこがれの新築一戸建ては今そこに!
せっかくの新築一戸建て、売却するなら気になるのは、やっぱり相場
低金利の恩恵をフルローンで得るメリットとは?
建つ前に購入する建売り?!新築一戸建てのいろいろ
1,000万円台の新築一戸建ては、ローコストのハウスメーカーで
2,000万円台の新築一戸建ては、こだわりの部分を一点集中で
3,000万円台は新築一戸建てに充分な予算、過分なものはないか要チェック
4000万円代の新築一戸建てはパラダイス、でも無理は禁物!
5,000万円台の新築一戸建て、こだわりぬいたあなただけの1軒を
新築一戸建てで6,000万円台、ここまでくるとちょっと異次元
新築一戸建ての価格相場は?金額別どんな家が建つか、まとめ!
新築一戸建てのメリットデメリットとは?オプションと共働きローン
購入時期と引っ越し時の注意点!新築一戸建てで幸せになるために
10年保証は本当に安心?新築一戸建ての保険と保証事情に密着!
新築一戸建てを20代独身で建てても大丈夫?通勤時間も大切な要素
新築一戸建てに必要な諸費用はいつ、どれくらい必要?助成金と消費税
新築一戸建て注文住宅と建売住宅の違いってどのようなところ?
新築一戸建ての平屋で動きやすい間取りを考え中、、、
新築一戸建ての家の購入は住宅メーカー選びから始まる!
ピタットハウスで探した新築一戸建ての家ってどうですか?
新築一戸建てで失敗しないためには?欠陥住宅で一番多い箇所って?
新築一戸建てを注文住宅で建てるメリット・デメリット